--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sony Reader PRS-T1(wi-fiモデル)とともに過ごした三ヶ月

2012年02月02日 23:27

Sony Reader PRS-T1を三か月ぐらい使っているのでここいらで一回その使用感・雑感などを。

SONY 製品情報>“Reader”(リーダー)>商品ラインアップ>PRS-T1


ご存知のようにSony Readerは電子ペーパー採用の電子書籍リーダー。液晶ではなく、表示は白黒だけだが質感は紙に似ている。電子ペーパーの特性上、画面の表示を切り替えるときにいったん画面が白黒反転する。つまりページ送りの度に一瞬画面が黒くなるのだ。最初、動画等でこの動作を見たときには少し気になったが、今では全く意識されない。すぐに慣れてしまった。しいて言うならば、ブラウザ等で読み込み途中の画面が何回かちらつくのが気にとまる程度か。

電子ペーパーといえば、液晶より目が疲れない、明るい場所(直射日光下)でも読める、電池の消耗が低いなどなどの利点が挙げられる。スペック上、電池は一日30分の読書で5週間持つ、と書いてあるがこれは1分間に3ページめくった場合である。連続して1ページ/1秒でめくれば約14,000ページ読めるという。これは約4時間に相当する。ようはページめくりの枚数と、放置日数の兼ね合いで電池消耗が決まっているらしい。個人的な感覚では、一回のフル充電で400-500p程度の本を5-6冊は余裕で読める気がする(wi-fiをほとんど使わない場合)。

充電は付属のUSBケーブルでPC経由で行う。しかしこれだとPCがオンのときにしか充電できないことになる。充電時間である2.5hrもの間PCを使っていることが平日はほぼないので、やや不便に感じた。そこでためしに手元にあったiPhoneのUSB-AC変換器を使ってみたが、残念ながら充電できなかった。調べてみたところ、USB端子は充電と通信でタイプが違うらしい。Reader用のACプラグのアダプタは別売だが3000円ぐらいする。そこでSony純正のケーブルでなくても代用可能かどうか試してみた。購入してみたのは「データ通信&充電」と「充電」が切り替えが出来るUSB-micro USBケーブル(900円くらいのこれ→ESCMSPC1)。充電側に切り替えて、手元にあったUSB-AC変換器と接続してみたら、問題なく充電を開始し100%まで完了した。これでひとつ不満が解消された。

Reader T1本体は軽いので、あおむけに寝っ転がって手に持ってもあまり疲れない。片手で持っていても難なく左下の進むボタンを押すことができる。画面はタッチパネルになっているが、これの感度がかなり高い。指以外のものでも反応してしまう。髪の毛の束がふっさぁと画面をなでるだけで、ページがめくられてしまうことがたまにある。

ソニーの早期購入宣言で発生したポイントの使い道に悩んだ挙句、Reader用のブックカバーを買った。最初に付属していたケースは、保護用の板が内臓された布袋だった。口の部分がきついので出し入れがスムーズにいかない。Reader T1/G1用のカバーは、プラスチック製のケースにReader本体をはめ込む形になっており、本の表紙のように合成皮っぽいフラップが付いている。上下入れ替えて使うことで表紙の開きは左右どちらにもなる。特に表紙を留めるものはなく、パタパタと開閉自由になっている。普段は閉じていてくれるのだが、表紙をしばらく裏に折り返して持っていたりすると、開く側にクセがついてしまう。旧型は本体が金属で、カバーの表紙にマグネットが埋め込まれており、ぴったり閉じるようになっていたらしいんだけど。


私はもっぱらDRMフリーXMDF形式の小説をPCから転送して読んでいるのだが、XMDF形式ファイルをブラウザからダウンロードすることが出来ない時がある。たとえばReader Store以外の電子書籍ストアからXMDF形式サンプルファイルをReaderのブラウザからで開こうと思っても、対応していないファイルですと言われて保存も閲覧もできない。Reader Storeならサンプルダウンロードできるみたいだし、他のファイル形式(PDFとか)なら落とせるのだが・・・なぜだろうか。

また以前も書いたが、テキストの縦書き、横書きの切り替えができない。.txtは横書きでしか読めない。XMDFはそのファイルに設定されているデフォルトの方向にしか表示できない。SharpのブンコビューワーやkinoppyではXMDFファイルの縦横切り替えができるので、ここはぜひともSony Readerに対応していただきたいところである。

マンガも数冊だけだが読んでみて、吹き出し外の細かい手書きの文字は少々読みにくいと感じた。見開きのページが片側づつしか見られないのは、6型の限界ではあるが残念なところである。また、せっかく元ファイルがカラーページなのに、Readerでは白黒しか表示できないのは、なんだが損をした気分になるかも。

画面の右上をタップすると、ブックマーク(ドッグイヤー)が簡単に出来るのは、とても便利。あんまり使わないかもしれないと思っていた国語辞典だが、とっさのときに便利だった。最近だと「瀟洒(しょうしゃ)」という言葉を学んだ。垢ぬけているとかそういう意味の言葉だそうだ。検索した言葉の履歴も残るし、自分でメモを残せるので、学習等に使えるかもしれない。文字の入力はタッチパネルから出来るのだが、画面の反応速度が追いつかずタイムラグがある。ラグがあるのは表示だけで、そこそこ早いスピードで文字を打っても、一呼吸置いてちゃんと全部表示されるのでそれほど気にする点でもない。



Readerを買ってから30冊分くらい小説を読んでいるが(主にXMDF)、全体的に、読書端末として十分使用に耐えると思う。

あとは、購入できるコンテンツの質と量が向上することと、買ったコンテンツがReader(とSony Tablet)だけに縛られないことを希望している。ReaderのiOSアプリ、陽の目を見る日は来るのかなぁ。少年ジャンプをReaderで読めるようになる日は来るのかなぁ。


後記:ジャンプコミックス来たし!まだ買ったことないけど・・・。


関連記事:
ChainLPで青空文庫をSony Reader用にがっつりPDF化
本を読みたい。ただそれだけ。
Sony Readerで読めるだろうライトノベルノーベルを取り扱う電子書籍ストアを調べてみた
電子書籍ストア

Reader Storeに角川グループの電子書籍作品が登場!

2012年01月28日 00:22

祈りが通じたかもー!?

角川グループの電子書籍作品、Reader Storeに登場
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1201/27/news048.html

まだ配信されている作品の数は少ないけど、これから増えていくのを心の底から楽しみにしてます。



現在のラインナップはこんな感じ。(一部のみ)

小説系
神永学 (心霊探偵八雲
松岡圭祐 (万能鑑定士Qの事件簿千里眼
あさのあつこ (バッテリー
池上永一 (テンペストシャングリ・ラ
石田衣良
星新一
赤川次郎
有川浩
森見登美彦

ライトノベル
谷川流 (涼宮ハルヒの憂鬱
葵せきな (生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録
橘公司 (蒼穹のカルマ
雨木シュウスケ (鋼殻のレギオス
石踏一榮 (ハイスクールD×D
井上堅二 (バカとテストと召喚獣

漫画
ヤマザキマリ (テルマエ・ロマエ
えすのサカエ (未来日記
貞本義行 (新世紀エヴァンゲリオン
片岡人生 (交響詩篇エウレカセブンデッドマン・ワンダーランド
志村貴子 (放浪息子
青木ハヤト (マクロスF
細田 守 (サマーウォーズ

Reader Store角川グループ特集ページもあるみたい。

この勢いで、紀伊國屋書店のもReader解禁になってくれないかなー。

富士見ファンタジア文庫がkinoppyに登場

2011年12月10日 00:22

ついに富士見ファンタジア文庫が紀伊國屋の電子書籍ストアに登場。
でも、kinoppyにしか対応して無い・・・。

おねがいです。Sony readerにも愛の手を。

ChainLPで青空文庫をSony Reader用にがっつりPDF化

2011年11月19日 15:50

前回Sony Readerに青空文庫作品をPDFにして入れたりしていろいろ遊んでいると書いた。だけど青空文庫って一作品一ファイルだから、短編とかだとファイルが大量になって、管理するのがちょっとめんどくさいのよね。って思ってたらChainLPには複数の青空文庫ファイルをひとつのファイルに結合する機能があった。以下自分用メモをかねて紹介。

事前準備としてChainLPを用意し必要なdllを導入(ChainLP.txtを参照)。詳細設定の青空テキスト設定をいじる。作品にもよるが、目次変換は感度が高すぎるといやなので「見出しのみ」にしてみたり、少し試行錯誤が必要か。
解像度はSony Readerの場合584x754。ファイル出力設定のPDF設定のページサイズ補正は、0.999のほうがSony Readerには都合が良いかもしれない。整数だとReaderで読むときに小さく表示されてしまうようだ。私の場合最初2.0にしてあったのだけど、目次を呼びだすと表示が左上に四分の一ほどに縮小されてしまうことがあった。

フォントも設定できるが、iTextSharpでChainLPから直接フォントを埋め込んでPDFを作成する場合、縦書きフォントに対応していないため、フォントによっては多少がたつきが見られることがあるみたいだ。
PDF作成を仮想プリンタを介して行う場合は、事前に仮想プリンタソフトをインストールする必要がある。私が使ってみたのはCubePDFというフリーソフト。フォント埋め込みもできる。CubePDFを使う場合は、CubePDFのほうでタイトルや著者名などのプロパティを入れなおさないといけないっぽい。


ChainLPのメニューバー>ツール>青空バッチ
で青空文庫の作者別作品一覧にアクセスできる。
そこからひとつのPDFにまとめたい作品を複数選択。
リストからの削除は編集ボタンorダブルクリックしたあと、削除ボタンから。
リスト内での並び替えは出来ないようなので、選択するときに順番を考える。

出力ボタンで出力先フォルダを指定。
結合出力の欄のタイトルと著者等を必要に応じて編集。
んで、結合をポチるとダウンロード&変換が始まってしばし待てばPDFが出来上がる。
各ファイルのタイトルが、目次の大見出しになる。その下に認識した章がぶら下がる。

試しに横光利一の作品を全部まるっと結合して3000ページ近いPDF(12MB)を作ってみたが、Sony Reader T1で問題なく読めた。目次から、各作品へジャンプ可能。Readerの上での文字・文章選択、辞書検索、ハイライトOK。ただし、ページめくり方向は設定にかかわらず逆になってしまう(PDFでめくり方向が反映されないのはReaderの仕様?らしい)。気になるのなら大本の設定(アプリケーションの設定>書籍/定期購読>ページめくり)で逆に出来る。


ちなみに表紙を変えたい場合は、ChainLPフォルダ内にあるcover.jpgを差し替えればよい。(もしくは青空txtの中に、タグで任意の画像リンクを追記するとか?)



関連記事:
本を読みたい。ただそれだけ。

本を読みたい。ただそれだけ。

2011年10月23日 22:22

買っちゃいました。Sony Reader PRS-T1 white。近所の量販店に売ってなかったから、わざわざこれを買うためだけに名古屋に出たよ。ネットでポチろうかとも思ったけど、やっぱ実機を見てから買いたかったので。レッドにしようか迷ったけど、読むときに枠が邪魔にならなそうな、白にした。

ソニーreader


思った以上に快適。てか楽しすぎだー。

青空文庫のテキストをChainLPでpdfに変換して入れてみたり。
ManyBooks.netからepub形式で英語の小説を落としたり。
ReaderStoreから漫画の試し読みしてみたり。
Jコミの漫画をブラウザのビューワーで読んでみたり。
以前買ったDRMフリーのファイルを読み込んだり。
スリープ画面用の画像(600x800)を用意したり。


ちなみに、Jコミのビューワーをブラウザで見るのは最初厳しいかと思ったけど、片面表示をピンチインして縮小させて、ツールバーを上に持っていって(上下逆転)下にスクロールさせておけば、結構読める気がする。
readerjcomi


ManyBooks.netでは、E.E.スミスE.R.バローズH.G.ウェルズH.P.ラヴクラフトなどなどの原書が無料で読める!Readerには単語をハイライトすると辞書で即調べられる便利機能があるので、この機会に原書でがんばってみようかな……。


ChainLPはいろいろdllを別途落とさなきゃいけないし、設定項目も多くてまだ良くわからないけど、おそらくReaderを使っていく上で必須ソフトっぽいからこれから使いこなせるようになりたい。


紀伊國屋書店BookWebがSony Readerに対応したし、楽天Rabooも近いうちにReader対応するらしいし。これからもちょっと楽しみ。

Amazon Kindleの日本参入のニュースもあったけど、Readerには生き残って欲しいぞ、と。

目指せ「OSやメーカーの違いに関係なく、どんな電子書籍ストアから購入しても、どんな電子書籍端末からも読める」「誰もが楽しめる電子書籍サービス」!!


関連ブログエントリー:
Sony Readerで読めるだろうライトノベルノーベルを取り扱う電子書籍ストアを調べてみた
電子書籍ストア
ChainLPで青空文庫をSony Reader用にがっつりPDF化



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。