--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時砂の王

2010年12月19日 23:07

時砂の王 (ハヤカワ文庫JA)時砂の王 (ハヤカワ文庫JA)
(2007/10)
小川 一水

商品詳細を見る



未知なるETの攻撃により地球は壊滅し、人類が海王星を拠点として抵抗を続けている未来。メッセンジャーと呼ばれる強化された人間の身体を持つ知性体達は、人類を救うため時間遡行して敵戦闘機械群を地球にて迎え撃つ。だがしかし、ET(エネミー・オブ・テラ)も更に時間を遡り執拗なまでに人類を追い詰めていく。人類の生存を賭けて過去へ過去へと後退していく戦線。ついに最終的な決戦の舞台は古代へ移り、メッセンジャーOと時間戦略知性体カッティは女王卑弥呼と出会う。メッセンジャーOと卑弥呼の下、人は力をあわせて未来からのET(物の怪)に立ち向かう。それがいかに絶望的な戦いだとしても負けるわけにはいかないのだ。

過去に干渉することによって生まれる時間の枝。そのうちのひとつに人類の未来を繋げていくための、犠牲に満ちた戦いに終わりはくるのだろうか…?ETが執念深く人類を襲い続ける理由は?


正体と目的が分からないETっていうのは、SF的に熱いね。それに「未来からの増援がない」=「人類に未来が無い」と言う残酷な事実に思わず息を詰めてストーリーを見守ってしまう。
ただ古代日本の背景にしっくりこなかったのは、私が歴史嫌いのせいなのかな。自分の中の卑弥呼のイメージって火の鳥がかなりの量を占めているから、若くて芯の強い卑弥呼に入れ込めなかったのはもったいなかったかも。


多少のご都合主義を気にさせず、骨太のSFバックボーンをラノベっぽい切り口で魅せる、読みやすい作品だった。
それにしても小川一水はSFの引き出しが多彩だわな。

あわせて読みたい:
戦闘妖精・雪風
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://espider.blog78.fc2.com/tb.php/330-33727f5a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。