--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和歌謡大全集

2007年07月18日 17:30

昭和歌謡大全集 昭和歌謡大全集
村上 龍 (1997/01)
集英社

この商品の詳細を見る


またまたタイトルからは内容が想像つかない小説。というか小説だということにすら気がつかない可能性がある。作者は村上龍。1994年刊行。

裏表紙のあらすじ。
孤独なコンピュータおたくの6人グループのひとり、スギオカは、刃渡り20センチの山岳兵用ナイフをジーンズのベルトにさし、白昼の街に。尻を突き出して歩くおばさんの喉にナイフを押し、水平にひいた。ミドリ会という名のおばさんグループのひとり、ヤナギモトミドリが死んだ。ふたつのグループの殺しの報復合戦を、「恋の季節」「星の流れに」「チャンチキおけさ」等々昭和の名曲をバックに描く。

私は昭和の終わりのほうの生まれなので、物心がついたのは平成に入ってからだった。だから、作中に出てくる「恋の季節」「星の流れに」「チャンチキおけさ」「有楽町で逢いましょう」「港が見える丘」「錆びたナイフ」「アカシアの雨がやむとき」「骨まで愛して」「いつでも夢を」「また逢う日まで」という昭和の名曲の数々を私は知らなかった。とりあえず雰囲気を掴むためにyou tubeでいくつか探して聞いてみた。

チャンチキおけさ
http://youtube.com/watch?v=ijAn1ylxbK8

有楽町で逢いましょう
http://youtube.com/watch?v=WFUYA6COHus

アカシアの雨がやむとき
http://youtube.com/watch?v=DA93fRDHbVs

さすがyou tube。便利な世の中になったものだね。三曲続けざまに聞いて、気分はどっぷり哀愁漂う昭和時代。そんでもってやっぱり昭和は私にとってプチ異世界なんだなと再認識。昭和生まれと一口で言っても、世代の差は大きい。

さて、そんな昭和の名曲が背景に流れる中で繰り広げられるのは、いささか不快かつお馬鹿な復讐劇。どうしようもない若者達が、これまたどうしようもないおばさん達と殺し合う。報復の手段がエスカレートしていくさまは、馬鹿馬鹿しいとしか言いようがない。こういう馬鹿らしさは嫌いではないけどね。

やや卑猥な表現やグロめの描写があるので、苦手な人はご注意を。

長門有希の100冊のセレクション基準に関する謎がまたひとつ深まってしまったな。
スポンサーサイト


コメント

  1. 銀きのこ | URL | -

    はじめまして

    突然、おじゃまします。
    昭和・・・いいですよね。この作品は映画にもなっていますよね。松田龍平くんがいい味出てます。

    また遊びにきます。よろしくおねがいします。

  2. みね尾 | URL | Ah.TEqcU

    レスが二ヶ月弱遅れました。すみません。

    「昭和~」映画になっているんですか、全然知りませんでした。今度レンタルしてみましょうかね。

    これからもまた足を運んでくださると嬉しいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://espider.blog78.fc2.com/tb.php/225-e2093653
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。