--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博士の白い猫

2007年04月01日 08:05

博士の白い猫 博士の白い猫
栃田 哲 (2006/04/01)
山猫社

この商品の詳細を見る


これは、猫好きとして見過ごすことができない。


あらすじ。
高校生の友哉が目覚めると、自分が白い猫になっていることを発見した。
猫になった友哉の世話をしてくれたのは、マッドサイエンティストのステレオタイプのような博士。博士によると、友哉はコンピュータシミュレーションの中の仮想人格に過ぎず、そのAIを猫に移植しただけだというのだ。自分のアイデンティティーに疑問を持ちながら、友哉は博士と平和な日々を過ごす。
ある日、猫の本能にしたがって散歩をしていた友哉は、殺人現場を目撃してしまう。しかし猫の発言に証拠能力があるはずもない。また友哉の正体を明らかにするわけにもいかない。友哉は独自に事件を追うことにした。博士の協力のもと、友哉は犯人を追い詰めることができるのだろうか。人間と動物とAIの壁を越えたミラクルサスペンス。


なんかカフカの変身っぽいと思いつつ読むと、肩透かしを食らう。少々冗長ぎみだが、ツッコミどころが色々あって飽きない。情報科学も脳科学も生物学も機械学もなんでもござれの変わり者の博士って、SFにおけるジョーカーみたいな存在だよね。もうちょっと設定に説得力が欲しいところ。

まあ猫が主人公の時点でボーナスポイント+20点なんだけど。

SFとミステリを欲張って取り入れた感じの作品だけど、なんといっても一番の見所は・・・(続きを読むをクリックすべし)。



この本は存在しません。
エイプリルフールです。
ごめんなさい。
スポンサーサイト


コメント

  1. ユキノ | URL | -

    マジで検索しちゃいました。

    >猫好きとして見過ごすことができない。
    この言葉におもいきり食いつきました(>_<)
    もう、笑ってやって下さい。ヤラレタ~

  2. みね尾 | URL | NJl7JW7A

    あ、引っかかってくれました?
    真面目に架空の本の感想を考えた甲斐がありました(笑。
    一度エイプリルフールに便乗したネタをやってみたかったのです。
    無意味な検索の時間を取らせて&無駄に期待させてしまって申し訳ないです~。
    笑って許してください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://espider.blog78.fc2.com/tb.php/216-4e5f3f59
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。