--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤と黒

2007年01月27日 18:48

赤と黒〈上〉 / スタンダール
赤と黒〈下〉 / スタンダール

例によって例のごとく長門さんの100冊の中の一冊。
SFとミステリが目立つリストの中、珍しく純文学。

製材小屋の息子として生まれたジュリヤンは、ナポレオンを崇拝する気持ちとと出世への野望を胸に秘めた若者だった。聖職者を志すジュリヤンはラテン語に秀でていたため、町長レナールの家で家庭教師として働くことになった。

・・・あらすじめんどくさい。

要するにジュリヤンとレナール夫人との間にあれやこれやがあって、家にいられなくなったジュリヤンは神学校に入り、校長のつてでパリの公爵の秘書になる。ジュリヤンは有能っぷりを次第に開花させていくが、公爵の令嬢とやっぱりあれやこれやがあってついには結婚してしまう。ところがどっこいレナール夫人からの手紙が全てをぶち壊してしまい、あと一歩で成功への道を逃したジュリヤンは復讐のためレナール夫人を殺そうとする。

とまあこんな感じ。人妻・できちゃった婚・破滅・復讐ってどんな昼ドラだよ。

本当はジュリヤンが垣間見るフランスの実態や革命前夜の緊張感とかにも注目すべきなんだろうけど、私歴史苦手だし・・・。


意外と苦にせず読めた。でもあらすじ書いていて思ったけど、前半部分がタルい。レナール夫人の手を取るためのジュリアンの葛藤が妙に長い。いろいろ冗長気味の部分を削ったら半分ぐらいになるんじゃないだろうか。

それから、主人公とその恋人達の駆け引き、態度がころころ変わりすぎだから。とくに公爵令嬢なんて水星の昼(427℃)と夜(-183℃)かってぐらい温度差(約600℃)が激しいから。ついていけないよ、まったく。


にしても、『赤と黒』のどこらへんが長門さんの琴線に触れたのだろうか。わからないなぁ。


おまけ。
作中で気になった当時のフランスの通貨について調べてみた。
作品の舞台が1830年代なので、レ・ミゼラブルとほぼ同時代だと仮定すると。

1ルイ=20フラン
1エキュ=3フラン
1リーブル=1フラン
1フラン=20スー
1スー=5サンチーム

さらにそれぞれがどのくらいの価値かっていうと。

1ルイ=2万円
1エキュ=3000円
1リーブル=1000円
1フラン=1000円
1スー=50円
1サンチーム=10円

やたらと通貨の単位が多くてややこしいね。
四十歳の司祭が十万フランの給料だという記述があるが、これは大体一億円ってことなのか。すごいなそれは。うらやましいぞ。

参考:2万フランで何を買う?
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://espider.blog78.fc2.com/tb.php/199-8d1b9cbf
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。