--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーメンII

2007年01月11日 22:15

川原泉『ブレーメンII』2005年星雲賞受賞作品(全五巻)。

ブレーメンII (1) ブレーメンII (1)
川原 泉 (2000/04)
白泉社

この商品の詳細を見る



実は川原泉がけっこう好きだ。
小学校のとき友達に『笑う大天使』を借りて以来、あの間延びしたような作風と絶妙な言い回しに惹かれてしまったのだ。


『ブレーメンII』の最初の数ページで私は思った。
これは人間と動物が力を合わせてマイペースに宇宙を進む物語なんだろう、と。イヌがわんわん、ネコがにゃーにゃー、カエルがぴょんぴょん、サルがきーきー、にぎやかに和やかに気楽に、待ち構える困難に立ち向かっていくのだろう、と。ところがどうして、なかなか血なまぐさくてシリアスで泣ける話じゃないですか。

この物語は短編『アンドロイドはミスティブルーの夢を見るか』の設定をそのまま引き継いでいる。イレブン・ナインとの異名を持つ99.999999999%の正確さを誇る宇宙飛行士、キラ・ナルセが主人公。キラは大型輸送船ブレーメンIIの船長に就任した。ところがブレーメンIIのクルーの中で人間はキラ一人。残りはブレーメン(働く動物)と呼ばれる、バイオテクノロジーによって知性を与えられた動物達であった。


知性を高めた動物っていうと『知性化戦争』だよね。長門さんの100冊のなかの一冊。買ったはいいけど最初の数ページで止まってしまってるな。読んでしまいたいんだけど、あの上下巻合わせた厚さにちょっと怯んでいる。

あとリトル・グレイという自称火星人が登場する。これは『火星人ゴーホーム』の緑色の火星人っぽい。リトル・グレイのほうが幾分マシみたいだけど。このリトル・グレイの意味不明っぷりが素敵。「激ウマ焼きたてハウステンボスありえないし」とか「通勤快速でそろばん3級をこだわります」とか。


川原泉にしては珍しく、人が大量に死ぬ。ホラーな化け物に惨殺される。

川原泉の作品は決してお気楽一辺倒ではない。以前の作品でも人は死んだ。でもそこに負の感情は見えなかった。なのにこの作品では一巻でいきなり335人が血の海の中に倒れる。その犯人が楳図かずおばりの化け物なんだが、交互にコマに現れるメルヘンな白ヤギさんとのコントラストがなんともいえない。

基本的には宇宙もののSFだが、デフォルメされた動物達の所為で非常にメルヘンな感じが漂っている。そしてのん気にほのぼのやっていると思えば、不意に切なくなったりホロリときたりする。ちぐはぐなんだけどそれがこの作者のカラーだ、といわれて納得できてしまうのが川原泉のすごいところだと思う。

一番心を打たれたのはライカ犬のくだり。世界で最初に宇宙を飛んだ生き物が犬だってことは知っていた。でもこんなに悲しいエピソードだったとは。キラ船長の語り口があまりにも静かで胸が締め付けられるようだった。
人工衛星に乗せられて
独りぼっちで死んでいった
あのライカ犬にくらべたら

僕の人生
まだ ましさ…

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://espider.blog78.fc2.com/tb.php/194-9e31d489
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。