--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間の手がまだ触れない:甲の毒は乙の毒なのか?

2004年07月19日 00:00

人間の手がまだ触れない / ロバート・シェクリイ

Fは長編よりも短編をよく読むような気がする。短編SF作品集は数多く出版されているが、気に入った本をいくつか挙げろといわれた場合、ロバート・シェクリイの「人間の手がまだ触れない」は五つの指に入るかもしれない。どこがどう好きと聞かれると答えに給するのだが、奇想天外なアイディアは三度読んでも飽きが来なかった。

SF短編の面白さは、最後の一捻りにあると思う。最後のオチというのだろうか、そこで読者に「あっ」とか「おっ」とか「えっ」とか言わせる作品が私は好きだ。

この短編集「人間の手がまだ触れない」には全部で13篇の作品が収められている。その中でも表題作の「人間の手がまだ触れない」や「専門家」そして「体形」が好きだ。
「人間の手がまだ触れない」では、題名どおり、人間がいまだかつて触れたことのない、異星人の倉庫に眠る品物の中からなんとかして人間が食べられるものを探そうと苦心する話。品物についたラベルを何とか翻訳しようとするのだが、怪しいものばっかりなんだ。<ヴァルコリン製、よろず味自慢、消化力のある万人の使用に適す>という赤いゴム状の物体は、いきなりくすくす笑い出したりする。食べ物の概念からして人間と違う宇宙人っていう設定が、新鮮だった。
それから「専門家」を読んだ私は、何とかして『推進(プッシュ)』してみようと、試行錯誤したものだ。しかし、これって、人間が持っていないライオンの尻尾を振る以上に私には不可能なことなんだよね。

この作品集には、人間と宇宙人や異世界の住民との接触をテーマにしたものが多く、文化や、食生活の違いゆえに起こるすれ違いに一種の衝撃を受けた。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://espider.blog78.fc2.com/tb.php/147-cafc882b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。