--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリフィド時代:食人三足歩行植物

2005年01月19日 00:00

トリフィド時代―食人植物の恐怖 トリフィド時代―食人植物の恐怖
井上 勇、ジョン・ウィンダム 他 (1963/12)
東京創元社

この商品の詳細を見る


食虫ならぬ食人歩行植物トリフィドに寄る人類滅亡パニックとでもいうのだろうか。

トリフィドは三足歩行をする植物である。毒を含む鞭状の部位を持っていて、これで獲物を打ち据えて倒す。そのまま死んだ獲物の脇に居座り、腐ってきた肉を喰らう。そんな危険な植物ではあったが、トリフィドから採取できる油は高品質であった為、人類はトリフィドを大量に栽培し油を摂取してた。トリフィドを鎖につないだり、柵に閉じ込めたりして安全は確保されていたはずだった。

人間がトリフィドを消費する側であって、その逆はありえなかった。

しかし、ある夜を境に人間はトリフィドに抵抗も出来ぬまま食われる立場となってしまう。


その夜、空ではすばらしい天体ショーが繰り広げられていた。
無数の彗星のような緑の光が、花火のように見られたのだ。

人々は歓喜した。
世界中の人々が、このまぶしい光を見た。



次の日の朝。
あの光を見たものはひとり残らず盲目になっていた。

人類を待ち構えていたのは、秩序も法もない世界と、疫病と、食人歩行植物トリフィド・・・。


運良く光を見なかった、一握りの目の見える人々は、なんとか生き延びようとしていく。数々の障害を乗り越え、人類は再び繁栄できるのだろうか・・・。






トリフィド(triffid)とは三つ足のこと。
あくまでもトリフィドであってトリュフとは何の関係もない。
きのこともマンドラゴラとも関係ない。



この本を読んでいたころちょうどマックホルツ彗星が太陽に近づいているという話を聞いた。一月いっぱい肉眼でも見えるそうだが・・・なんか見ずらいよね。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://espider.blog78.fc2.com/tb.php/101-0ca8d926
    この記事へのトラックバック

    【ケータイ限定!エントリーで、プラチナ・

    トリュフ固形分25g 内容量30gトリュフと塩!だけで、そのまま瓶に閉じ込めた、トリュフの質が全て質を決める、トリュフ・エクストラ。ご家庭で楽しむなら、その香りを充分に満喫できて、昔から相性の良いとされるオムレツにして楽しむのがオススメ。このサイズで、2人分に丁




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。