--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バーナード嬢曰く。」でSFが読みたくなる

2016年11月06日 23:01

51THGiKh4QL.jpg

バーナード嬢曰く。 3 (IDコミックス REXコミックス) 施川ユウキ
https://www.amazon.co.jp/dp/4758066264/


昨年知り合いに薦められて読んだときには、まさかアニメ化するとは思っていなかった。アニメを見て、何か違和感があると思ったら、白黒じゃないからだ。コミックスは表紙でさえも白黒だ。

難解な本を読まずに読書家ぶりたい「町田さわ子」、SFを熱く語るツンデレ(?)「神林しおり」、ちょっと冷めてひねくれている「遠藤」、遠藤君に恋心を抱く図書委員&シャーロキアン「長谷川スミカ」。この四人が、学校の図書館とかでだらだら本について語ったり語らなかったりする、そんなマンガ。神林さんのおかげでSF率がかなり高い。でも残念ながら私はこのマンガで紹介されている本の半分もまだ読んでないんじゃないかな。そして一巻で神林さんに『「SF語るなら最低千冊」! ムリでもせめて普通に本屋で買える青背 全部読んでから言え!!』と怒られてしまったので、これからもちまちま精進したいと思う・・・・。あ、でも『火星の人』は原作で読んだよ(ドヤ顔)!

ちなみに三巻で町田さわ子が語っていた『熊嵐』。どこかで聞いたことがあると思ったら『それでも町は廻っている』の修学旅行エピソードでだった。何かが私に『熊嵐』を読めと囁いている気がする。



羆嵐 (新潮文庫)  吉村 昭

それでも町は廻っている 15巻 (ヤングキングコミックス)  石黒 正数

バーナード嬢曰く。 (REXコミックス) 施川 ユウキ

バーナード嬢曰く。 2 (IDコミックス REXコミックス)  施川ユウキ






スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。