--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抒情の奇妙な冒険

2008年11月22日 22:20

ハヤカワSFシリーズ Jコレクションというものがある。青のグラデーションが背表紙の四六判変型ソフトカバーだ。そのシリーズ名の通り、主にSF小説が刊行されている。最近私はこの色の背表紙を検索対象にして、書店の本棚を眺めることが多い。そんなときに見つけたのが「抒情の奇妙な冒険」だ。このタイトルセンス、またもや田中啓文かと思いきや、違った。笹公人、歌人である。そして「抒情の奇妙な冒険」は笹公人の三冊目の歌集である。

抒情の奇妙な冒険 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション) (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)抒情の奇妙な冒険 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション) (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)
(2008/03/20)
笹 公人

商品詳細を見る


古き良き昭和、80年代、90年代、現在と、まるでタイムトラベルしているかのような連作短歌。行き着く果ては、懐かしき未来。

何故に短歌、どこがSF、どうしたんだハヤカワSFシリーズ、と好奇心から手を出してみたが、なかなかどうして。面白い。世間的に受け入れられるか否かはとにかくとして、こういう試みは好きだな。

せっかくなのでいくつか心に残った短歌を紹介しよう。



ベーゴマのたたかう音が消えるとき隣町からゆうやみがくる

ゆうぐれの商店街を過ぎてゆく子供・自転車・豆腐屋の音

三億円の話をすると目をそらす国分寺「喫茶BON」のマスター

ファミコンとたけし城からサバイバルを学びし子らの真っ白な靴

えんぴつで書かれた「おしん」の三文字にベータのテープを抱きしめており

トラウマなる言葉の意味を知りたるは冒険の書が消えたあの夜

ミクシィは二時間以内に控えよと守護霊辰之進は申せり

どんぶりを呑むギャル曽根を見つめてる戦争孤児の無数の瞳

放射能の赤が世界を染める頃もムーピー・ゲームにふける人々

憧れは999の食堂で銀河を見つつ食べるビフテキ





昭和ノスタルジーといいつつも、昭和世代ではない私には理解できなかったネタはいくつもある。加えて、現代のネタも、あと数年したらすっかり時代に埋没しているだろうというのもある。例えば、HGとかハンカチ王子とか楳図ハウスとか・・・。そういうものの存在が喚起されるとき、感じるのは間違いなく懐かしいという気持ち。いま昭和が「古き良き時代」と言われているが、十数年後、平成という時代はどのように思われるのだろうか。






蛇足。
トイレットペーパーが使われるようになった以前は、便所に張ってある縄で拭いたそうな。以上、昔仕入れたトイレに関する雑学。(なに突然汚い話を・・・と思った人、是非『抒情の奇妙な冒険』とその解説を読んでいただきたい。)
スポンサーサイト

きょうも、いいネコに出会えた

2008年11月15日 15:58

ネコ占い、というものをご存知だろうか。
血液型という胡散臭いものでも、12星座という根拠のないものでもでもない、ネコ好きの、ネコ好きによる、ネコ好きのための、実に画期的な占いである。まあ、知らないのも無理はない。考案者は私だから。
占い自体は単純明快。一日に、出会えた猫の数が、そのまま運気のよさに繋がる。ネコに一匹出会えたら、ちょっとラッキー。二、三匹だったらラッキー。それ以上だったら絶好調、という具合である。このような占いの特質上、ネコ好き以外には効力はない。また、家でネコを飼っている人は、それはカウントに入れない。商店街を歩いているとき、ついつい路地を覗き込んでしまう。そういう人にぴったりの占いである。

さて、このネコ占いによると、私の運気は絶好調続きである。なぜならば、いまの仕事場の近くの空き地に、野良猫が10匹ほど居ついているからだ。昼時に、オフィスの外に出て食事して戻ってくる頃合に、おじさんやおばさんが餌をやっているのを見かける。じゃれあっているネコや、陽だまりでうねうねしているネコを見守るのは、実に至福な時間だ。

とある秋晴れの日、私はネコの写真を撮ろうと、デジカメを持参した。お昼休み、手当たり次第にシャッターを切って、撮った写真が約80枚。そのときは、かなり満足したのだが、あとで写真を見返して、少しがっかりした。あんなにいっぱい撮ったのに、上手く撮れているものがないのだ。やはり、ネコを撮るプロとは違うのだなと、痛感した。



プロというのは、例えば岩合光昭である。

きょうも、いいネコに出会えた (新潮文庫)きょうも、いいネコに出会えた (新潮文庫)
(2006/03)
岩合 光昭

商品詳細を見る


『きょうも、いいネコに出会えた』という写真集では、写真の中でネコが生きている。その一枚から、前後のシーンがありありと思い浮かべられる、そんな静止画。気取らないネコの、ありのままの姿が、ぎゅっと閉じ込められている写真集だ。人の町で生きている野良猫の生き様を見ていると、じわじわと心が温かくなっていく、そういう気がする。


きょうも、いいネコに出会えた、と一日の終わりにつぶやける、そんな日々に憧れる。

吉祥寺古書店めぐり

2008年11月08日 20:15

ちと、手違いでせっかく書いた記事を消してしまった。すごい虚脱感。

要は、吉祥寺の古本屋、六軒巡ってみたよって記事だったの。
書き直す気力がないから、地図だけ張るわ。


大きな地図で見る

吉祥寺駅公園口から「古書センター」→「よみた堂」→「りぶる・りべろ」→「さかえ書房」→「外口書店」→「ブックオフ」というルート。

購入したのは、
C.L.ムーア『大宇宙の魔女』
アン・マキャフリー『だれも猫には気づかない』
菅浩江『ゆらぎの森のシエラ』『プレシャス・ライアー』
伊藤計劃『虐殺器官』

次回は東急横の「百年」にも足をのばしてみたいところ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。