--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便利だと思うフリーソフト集

2006年09月26日 00:00

マイドキュメント内にこんな下書きを見つけたので公開。


ないと困る/あると便利なソフトを集めてみた。★による評価は私の偏見と独断によるもの。基本的にそのソフトに対する依存度とお気に入り度を反映している。でも結構気分でつけているかも。

ClockLauncher [★★★★★]
http://www2s.biglobe.ne.jp/~geoph/
ランチャ以外の機能も充実しているランチャー。
はっきりってコレがあるとないとじゃ作業効率が全然違う。
基本はメニュー型ランチャだけど、コマンド型やボタン型としても使える。
メモリ&CPU&ネットの送受信モニタがついていたり、タイマーやメールチェッカーや付箋メモ機能がついてる。クリップボート履歴やメモリクリーナーもついてる。これ一つで色々便利。音楽プレーヤーや圧縮解凍機能とか専門ソフトに任せてて使ってない機能も付いてるけど。ちなみにスキンで外見を変えられる。

EmEditor [★★★★★]
http://www.emurasoft.com/jp/
多機能タブ型テキストエディター。シェアウェアの機能限定版。でも私にはこれで十分。
htmlタグとかを色分けしてくれる。
なかなか軽快。この記事の下書き書くのにも使用中。

Foobar2000 [★★★★★]
http://www.foobar2000.org/
音楽プレーヤー。色んな再生形式に対応してる。mp3とかoggとかmpcとかaacとか。
WMPよりもRealよりも軽い。
カスタマイズが結構自由に出来る。アルバムアートや歌詞表示も可能。とことんいじり甲斐のあるソフト。
最近v0.9系統が出たが、一部コンポーネント(プラグイン)の対応が追いついてないため、v0.8.3のほうが無難かも。ってまだ配布してるのかな?

Media Player Classic [★★★★☆]
http://sourceforge.net/projects/guliverkli/
音楽・動画プレーヤー。昔の派手になる前の質素なMWPっぽいプレーヤー。軽め。

Thunderbird [★★★★☆]
http://www.mozilla-japan.org/products/thunderbird/
メールクライアント。Outlookは色々セキュリティ上の問題があるとか聞いてたので。
メーラーはこれしか使ったことないから比べられないけど、満足している。

Jupiter DX5 [★★★★☆]
http://abune.hp.infoseek.co.jp/soft/
webのメールアカウントを取り込んでメーラーに受け渡してくれるソフト。
色々アカウント持ちすぎの私には便利。hotmail.comとかinfoseek.jpなどに対応。

Firefox [★★★☆☆]
http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/
タブ型ブラウザ。Geckoエンジン。拡張機能による潜在的なポテンシャルはかなり高い。
以前はメインブラウザだった。
そろそろver2.0が出るっぽい。

Opera [★★★☆☆]
http://jp.opera.com/
タブ型ブラウザ。画像描写が早いらしい。
広告が入らなくなったのをきっかけに使い始めた。今はメイン。

WWWC [★★★☆☆]
http://www.nakka.com/wwwc/
ウェブページ更新チェックソフト。
RSSとかに対応してないページの更新状態を通知してくれる。
とくに使っているソフトウェアの更新状況を知るのに便利。

mixiCat [★★★☆☆]
http://nekomimi.la.coocan.jp/
SNSのmixi専門ブラウザ。セキュリティーの問題とか騒がれてたし。mixiに依存しているわけじゃないよ。
いちいちトップページに戻らないでも新着がわかるのは手間が省ける。

X-Finder [★★★★☆]
http://hp.vector.co.jp/authors/VA011583/
二画面分割タブ型ファイラー。ファイラーはこれとSeeZぐらいしか使ったことないけど、なかなか良い感じ。
これまた細かく自分仕様の設定が出来る。
ただ開発途中なので細かいバクとそれに伴うバージョンアップが頻繁にある。

復元 [★★★☆☆]
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se192983.html
削除してしまったファイルを復活させるソフト。
ファイル消すときShift+Delを使ってゴミ箱に送らずに削除してるので、たまにうっかり必要なファイルを消しちゃったりする。そんなときに一縷の望みをかけて復元。

[残念ながらシェアウェア化したみたいです]

ペースター [★★☆☆☆]
http://homepage2.nifty.com/autumn-soft/
クリップボード拡張+定型文章入力+テキストの整形・変換・修飾。
テキストの入力時、同じ事を繰り返し繰り返しする手間を省いてくれたり。簡易的な機能がClockLauncherにもついているので最近は常駐させていない。

StartupEX [★★★☆☆]
http://www.takenet.or.jp/~ryuuji/startup/
スタートアップ時に登録したソフトを順次起動して競合しあったりするのを阻止。
これで相性の悪いソフトも無事両方立ち上がってくれる。
上手くすればスタートアップにかかる時間を短縮できる。

JTrim [★★★★☆]
http://www.woodybells.com/
フォトレタッチソフト。
Windows付属のペイントじゃ無理だけどPhotoShopとかを起動するまでもない簡単な画像編集が出来る。

Smoopy [★★★★☆]
http://www.niji.or.jp/home/itoguchi/
青空形式対応縦書きテキストビューワ。青空文庫などで配布されているタグつきテキストを表示。
パソコン画面でも小説などが読みやすくなる。

Samurize [★★★☆☆]
http://www.samurize.com/modules/news/
デスクトップ装飾ソフト。あらゆる情報をデスクトップに貼り付けてかっこよくするソフト。
パソコン内部の情報から、ネット上のニュースなど、なんでも表示可能。

窓の手 [★★★☆☆]
http://www.asahi-net.or.jp/~vr4m-ikw/
レジストリとかを簡単にいじるソフト。Windowsに色々と細かい変更を加えられる。
アンインストール後も残ってしまったソフトウェアの追加と削除の項目を消したり、ゴミ箱の名前を変えたり、アイコンを変更したり。

Contexter [★★★★☆]
http://pasokon-yugi.cool.ne.jp/~ko-ichi/
右クリックのメニューを編集。必要のない項目を削除したり必要な項目を足したり出来る。

Noah [★★★★☆]
http://www.kmonos.net/
総合アーカイバ。zip/lzh/rar/cab/7z/tarなどを圧縮・解凍。
7zとかrarとかcabに一つのソフトで対応しているところが便利。

MobileMeter [★★★☆☆]
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/8259/
PCのCPUとHDDの温度をグラフにして表示。夏場とか熱暴走が怖いけど常に温度をモニターしていれば、危険な温度に達する前に手を打てる。

マウ筋 [★★★★☆]
http://www.piro.cc/
一度Opera等のブラウザやファイラーでマウスジェスチャーに慣れちゃうと、どうしても他のマウスジェスチャー非対応のアプリケーションでも使ってしまう。マウ筋を導入すると、好きなアプリケーション上で好きなマウスジェスチャーが使えるようになる。
スポンサーサイト

シャングリ・ラ

2006年09月21日 00:00

シャングリ・ラ シャングリ・ラ
池上 永一 (2005/09/23)
角川書店

この商品の詳細を見る


なんかハチャメチャなSFを読んでしまった。つっこみだしたらキリがないし、ネタバレのオンパレードだから詳しくは書けないけど。いやはや、こんなSFいまだかつて読んだことありませんでしたよ。


物語の舞台は地球温暖化が進行した未来。世界は炭素を中心に回っていた。二酸化炭素を排出する国は炭素税というペナルティーが課せられる。またカーボンナノチューブの生産も重要な位置を占めていた。そして世界経済も炭素によって成り立っていた。
東京は二酸化炭素を削減するため土地の森林化を推し進めて行った。遺伝子改造で生まれた木々は、東京の街を次々に飲み込んでいく。地上の土地を手放した人々は、アトラスと呼ばれる巨大空中人工基盤に移り住む。しかし、全ての人がアトラスに移住できるわけではなかった。アトラスに行けなかった人たちは、スコールと暑さが襲い掛かる地上で生きていくほかなかった、迫りくる森の恐怖に怯えながら。
そんな政府の無理な森林化に反旗を翻したゲリラ組織メタル・エイジ。彼らの本拠地には大きな煙突が立ち並び、火を焚き炭素を出すことを反抗の一環とする。彼らの統領、國子はナイスバディでめちゃくちゃ強いニューハーフのモモコさんに育てられた少女だ。(これだけでもずいぶんぶっ飛んじゃっている設定なのに、これはまだ序の口)國子はアトラスと政府を相手に戦っていくうちに、アトラスがただの人工大地ではないことに気がつく。

ブーメランが、鞭が、メスが、ミサイルが乱れ飛ぶ中、美少女が、ニューハーフが、デブが、女医が、巫女が、女官が、軍人が、人間じゃない何かが戦いの火花を散らしまくる。この戦いの果てに待ち受けているのは・・・。


こんなかんじのストーリーで、私は一体何度ありえねぇと叫んだだろうか。解っているよ、目標にあたったブーメランは手元に戻ってこないなんて野暮なことを考えちゃいけないってことぐらい。きっとこのブーメランは当たったものをサクッと切り裂いて、運動エネルギーを弱めないまま飛び続けるんだろうさ。ちゃんとした物理的な説明なんて求めちゃいないよ。

まあ、なんだかんだ言っても飽きずに読める本ってことに間違いはないと思う。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。