--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ΑΩ:リアルウルトラマン

2004年03月26日 00:00

ΑΩ(アルファ・オメガ)―超空想科学怪奇譚 ΑΩ(アルファ・オメガ)―超空想科学怪奇譚
小林 泰三 (2004/03)
角川書店

この商品の詳細を見る


『SFが読みたい! 2002年版』で国内二位だった作品。今月文庫になったのでついに購入してみた。

一言で言ってしまえば、スプラッタでグロい。
にごった、どろっとした粘着質の液体が町中にあふれるさまが表現されていて、それらをリアルに思い描くことができる。主人公の体が破壊・崩壊し、再生されていく様も見事だ。

しかし、ただグロいだけでは終わっていなかった。
われわれ人類をはじめとする地球上の生物とはまったくかけ離れたタイプの宇宙人が非常に細かく描かれている。
この宇宙人は、プラズマと磁気から構成されているらしい。そして自己はデータの集まりであり、データを違う個体と共有することができる(この描写は宇宙人のデータ交換にすぎないのに、なぜかエロい)。とにかく、いままで思いつきもしなかったような宇宙人が描かれ、それがまたリアルなのだ。

ΑΩはあらゆるSFテーマを扱っている。宇宙人とのファーストコンタクト、宇宙人による侵略、超人に変身し悪と戦う主人公、新興宗教によるアルマゲドンと人類滅亡の危機、新人類の誕生・・・。こんなにぎっしり詰まっているのにもかかわらず、ぐいぐいと引き込まれてあっという間に読み終わってしまった。

ちなみに、このSFはウルトラマンを彷彿させる。
私は、ウルトラマン世代ではないので、詳しいことはわからないのだが、このSFの主人公の名は「諸星隼人」という。諸星といったら・・・たしかウルトラマン・セブンだ。
それから、ジャンプするときの掛け声は「シュワッ」。
主人公が変身した姿は白銀の巨人。

ただ、ひとつ。
ネタばれになるかもしれないが、宇宙人の故郷が木星だというのが腑に落ちない。
ΑΩによるとどうやらわれわれの太陽系には少なくとも四種類の種族が住んでいるようだ。
これは、ちょっと多すぎやしないか。
べつに隣の銀河から来たってよいと思ったのだが・・・。


痛い描写やグロテスクな描写が苦手でなければ面白く読めるはずである。
スポンサーサイト

SFを極めろ!この50冊 : 有名SFを総なめしよう4

2004年03月06日 00:00

SFを極めろ!この50冊 SFを極めろ!この50冊
野田 昌宏 (1999/07)
早川書房

この商品の詳細を見る


特選されたSFが50冊紹介されている。定番のものをはじめとして、比較的幅の広い選択になっている。とりあえず、有名どころのSFを片っ端から読みたくなったときは、この本に収められているのから攻略していけばいいかと。

かく言う私も目下の目標は50冊読破。しかし、なかなか道は遠い。

SFハンドブック:SF読者のためのバイブル

2004年03月05日 00:00

新・SFハンドブック 新・SFハンドブック
早川書房編集部 (2001/04)
早川書房

この商品の詳細を見る


SF初心者の為のバイブルだと言っても過言ではないと思われる。あらゆる切り口でSFを紹介しているので、SFの入門書として最適だ。ぱらぱらとあらすじや紹介文を読んで、面白そうだなと思ったものから挑戦していけばいい。

本の内容としては
●おすすめ作品の紹介
●年代別SF史
●SF講座
●SF用語事典
●ハヤカワSF文庫既刊リスト
などなど、もりだくさん。

きっと、のぞみのSFに巡り合えるはず。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。