--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほうかごのロケッティア

2012年05月20日 20:39

女の子の願いを叶えるため冴えない高校生達がロケットを自作し、衛星軌道に乗せるために奮闘する。と書くとド直球な青春物語に聞こえるが、そんなにむず痒くはない。電波・オタク・中二病ネタ満載で古傷が疼いて痛くはなるかも。

ほうかごのロケッティア (ガガガ文庫)ほうかごのロケッティア (ガガガ文庫)
(2009/12/18)
大樹 連司

商品詳細を見る


電子書籍版(挿絵なし廉価版)
[Sony Reader Store][Kinoppy][PDABook][Raboo]

東京都から南下したところにある太平洋の孤島、イトカ島。そこの私立イトカ島学園高等学校には、日本全国から落ちこぼれやワケありの生徒が集ってくる。古い人間関係を捨て、新しいスクールライフを送るために。

電波なオタクだった褐葉貴人は、そんな過去を封印し、今はクラスのお調子者としての居場所を確保していた。表向き平穏な日々を過ごす彼の前に、美少女転校生久遠かぐやが現れる。実はかぐやは、以前褐葉が心酔し、中二病な手紙をひたすら送りつけていた覆面アイドル歌手だったのだ。おまけにアイドルから転落した彼女は「地球から脱出できなくなった宇宙人をロケットで送り帰してあげたい」という電波な使命に燃えるようになっていた。過去をばらすと脅され、褐葉はかぐやに協力する羽目になる。となり町の都立イトカ実業高等学校のロケット部(部員三人)と島工場の頑固職人爺さんを仲間に引き込み、褐葉たちは本物のロケット作りに没頭する。

最初はロケット花火に毛が生えた程度のものだったが、試作と改良を繰り返し、どんどん高く遠くにその記録を伸ばしてゆく。困難と挫折と法律を乗り越え、彼らはロケットを宇宙に届かせることができるのか…。


元電波男と現役電波女のボーイ・ミーツ・ガール物語。非リア充というか落ちこぼれた若者たちの再生。宇宙に挑み続けるロマン、ロケットにかける青春。ロケット打ち上げのクライマックスは胸にこみ上げてくるものがあったし、エピローグも良い後日談(そして数年後)だった。ロケットを飛ばす、ということがただの青春物語のための手段に終わっておらず、むしろロケットがこそが主役なのだ。市場飽和しているツンデレヒロイン亜種も雑多なパロディネタも過剰な味付けに過ぎないのかもしれない。


作中ではロケットに関連にとどまらず、かなりいろいろなネタがちりばめられている。ロケット研究部員たちが崇拝する「王立宇宙軍 オネアミスの翼」はタイトルが出てきているから良いものの、

スペースデブリをひとつ増やすだけだ。半世紀後にユーリ・ミハイロコフの奥さんをぶっ殺すぐらいの役にしか立たない。

とかあって、プラネテスを知らない人にはユーリってどこのだれだかさっぱりだろう。
私はガンダムには疎いのでガンダムネタは断片的にしかわからなかったし、ほかにもスルーしたモジリやパロディネタはきっとたくさんある。

そんなわけで「ほうかごのロケッティア」は読む人を選ぶかもしれない。まあ、ガガガ文庫という時点で十分選ばれた人たちが手にするとは思うけど。


王立宇宙軍 オネアミスの翼 [DVD]王立宇宙軍 オネアミスの翼 [DVD]
(2009/12/22)
森本レオ、弥生みつき 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト

ムシウタ (電子書籍版)

2011年12月18日 11:08

ムシウタ〈01〉夢みる蛍 (角川スニーカー文庫)ムシウタ〈01〉夢みる蛍 (角川スニーカー文庫)
(2003/04)
岩井 恭平

商品詳細を見る

PDABOOK.JPの電子書籍版はこちら(表紙や挿絵等は小さいので注意)
Kinoppy版はこちら


ムシウタ。角川スニーカー文庫から出ているこのライトノベルを、唯一PDABOOKだけがSony Readerで読める形式(.zbf)で販売していたので、あらすじやらをロクに調べもせず反射的に11巻まとめて買ってしまった。だって、角川グループは独自のBOOK☆WALKERっていうiOS/Androidアプリを展開していて、下手したら前触れ無くPDABOOKから引き上げてしまうんじゃないかっていう不安があったから。

その後角川グループの角川文庫や角川スニーカー文庫、富士見ファンタジア文庫などが紀伊國屋書店電子書籍ストアからも販売されるようになったけど、今現在はKinoppyのみに対応。Kinoppyアプリを使ってPCやスマートフォンからは読めるが、出版者様の意向によりSony Readerでは読めない仕様となっているっぽい。

ぜひとも角川グループ様にはReaderで読めるように対応許可していただきたいものです。もしくはSony ReaderにKinoppyアプリがインストールできるようになるか・・・。電子書籍のストアやプラットフォームが乱立していて互換がないのを承知で、Readerに手を出したのでこれ以上泣き言めいたことは書きません。だけど希望は捨てていませんから!ご考慮のほどお願いします(誰に向かって言ってるのだか。


さて。本題は「ムシウタ」。四五年前、ラノベを少々漁っていたころ目には留まったけど結局読んではいなかった。例の100冊に名が挙がっていたので、改めて興味を引かれ衝動買い。で、ようやく11巻読み終わった。


物語の舞台は日本に似た架空の国。この国では数年前から思春期の少年少女に寄生する「虫」が出現するようになった。虫に寄生された人間(虫憑き)は虫を操り特殊な能力を使えるようになるが、その代償に己の夢を虫に徐々に食われて死にいたる。また虫を殺されてしまった虫憑きは、感情も思考力も失った生きる人形「欠落者」となる。政府は虫の存在をひた隠しにする反面、特別環境保全事務局(略称は特環)という秘密組織を展開し、虫の存在を世間から消し去っている。捕獲された虫憑きは、特環の手先になるか、欠落者にされたうえで隔離される。特別環境保全事務局東中央支部に所属しているコードネーム"かっこう"は、最強と言われる虫憑きの一人である。かっこうは特環に反発する虫憑きたちとの死闘の果てに、この世に虫を生み出す存在「始まりの三匹」とその誕生の謎に迫っていく。


いや~。ラノベってもっとすらすら読めるものだと思ってたけど、なんだか苦戦してしまった。過去の回想とかが現在にまぎれて込んでいると読むテンポが狂っちゃうんだよね。最近とみに衰えてきた私の記憶力では、すでに既読の部分で語られた過去なのか、それともまだ断片的にしか明かされていない過去なのかを判断するのに苦労するのだ。で、逐一に前の巻に戻って読み返したりして時間を食う。それにどんどん増えちゃう登場人物にも翻弄されまくり。おまけに大概みんな聞きなれないユニークなお名前をお持ちだし。「有夏月」「初季」「南風森」ってなんて読めばいいんだ。このなかでは逆に「佐藤陽子」が一番浮いているよね。

あと、じゃんじゃん読めなかった理由としては、この作品が基本欝展開だったから。個性あふれる少年少女が命を落としまくる。中学生高校生の彼らに共感するより先に「前途ある若者」として捉えてしまうのは、私が年を重ねた所為か・・・。と、作品と別のところでも欝になりかけたり。ラノベだからって油断した。いやむしろこれから先ラノベは地雷源なのかもな・・・。若さと夢を持った彼らが眩しすぎて直視できん。

そして。11巻まで読んで明かされる真実・・・虫憑きたちの戦いは終わってない!てかまだ最終決戦じゃなかった!?てっきり完結したシリーズだと思ってたのに!!だまされた気分だけど、確認せずに飛びついた自分が悪いのはわかっている。それにしてもクライマックスでお預けって・・・あーもーどうしてくれよう。

「ムシウタ」のレビューとか感想とかそういうんじゃなくって、この行き場の無いもやもや感をぶつけたかっただけです。すみません。とりあえず立ち直るまで、もちょっとハッピーな本を読んで、最終決戦に備えておきます・・・。


関連ブログエントリー:
Sony Readerで読めるだろうライトノベルノーベルを取り扱う電子書籍ストアを調べてみた
ライトノベル100(自分メモ用)

六花の勇者 と 11人いる!

2011年10月18日 00:06

近所の本屋で「ルー=ガルー2」を買うついでに見つけて「六花の勇者」と「All You Need Is Kill」を購入。買ってから気がついたけど「六花の勇者」って最近出た作品だったんだね。あと「戦う司書」シリーズの著者だったのね。

「戦う司書」は読んだこと無いけどアニメは見た。事前情報無しに見たもんだから、世界観とか展開とかさっぱりな状態で。
「戦う司書 The Book of Bantorra」はいろいろな意味で裏切られっぱなしのストーリーだった。最初、正義熱血チャクラ使いの男が主人公かと思って見てたんだけど、あんまり活躍しないどころか、途中で組織から逃亡してまったく登場しなくなった挙句、かっこいい見せ場も無くあっさり死亡。キャラクターが惜しげもなく大量に死んでいく、ライトノベル原作にしては予想が付かない骨太でハードな話だったので、「六花の勇者」も一筋縄じゃないストーリーを期待しつつ読んだ。


六花の勇者 (集英社スーパーダッシュ文庫)六花の勇者 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2011/08/25)
山形 石雄

商品詳細を見る


千年前、世界を絶望に陥れた魔神を一人の聖者が封じた。魔神がまた目覚めるとき、聖者の力を受け継ぐ六人の勇者が現れ、魔神を再び封印する。そういう定めになっていた。しかし魔神が目覚めたとき、魔神の復活を阻止すべく集まった勇者は七人だった。全員その体の一部に、勇者の証である六花の紋章を浮き上がらせて。七人のうち誰かは勇者の同士討ちを企む偽者。疑心暗鬼に勇者たちの心が囚われる中、矛先が向いたのは、自称「地上最強の男」アドレットだった。

ピエナ国の姫で世間知らずの「刃」の聖者ナッシェタニア、その姫に忠誠を誓う若い騎士ゴルドフ、新しい神「火薬」の力を宿す聖者フレミー、猫の動きをまねる剣術使いハンス、当代最強と謳われている傲岸不遜なお子様「沼」の聖者チャモ、聖者たちを束ねる万天神殿の長で「山」の聖者であるモーラ。

外に出ることの出来ない結界が張られた森の中で、仲間の勇者達(+偽者)に追われながら、自らの潔白を証明し真の七人目を探しだそうと躍起になるアドレット。偽者の罠のトリックを見破って、仲間に信じてもらうことが出来るのか・・・。



というわけで、「11人いる!」ならぬ「7人いる!」状況のお話。ラノベと一言でくくってしまうのには勿体ないぐらいの正統派ファンタジー。

帯にもあったけど、実は一巻完結じゃなくって新シリーズの幕開けだった。魔神を倒すまでストーリーをどこまで引っ張っていくのか気になるけど、個人的にはまずはこの一冊で十分おなかいっぱいになれる気がする。



それにしても。萩尾望都の「11人いる!」を読み返したくなった。持っていたはずなのに。どこいったんだろう。

「11人いる!」は少女漫画の傑作SFと名高い作品。宇宙大学の入試最終テストは受験生10人一組になって受けるサバイバル試験。だが、主人公タダが乗り込んだ宇宙船には、なんと受験生が11人いた。誰が11人目なのか。出身星系もバックボーンも違う受験生たちは、お互いがお互いを疑いながら、外界から隔絶された宇宙船で所定の試験期間を過ごしていく。そんな彼らに次々とトラブルが襲い掛かり……。試験をリタイアすることなく、受験生たちは無事に試練を乗り越えられるのか。

11人いる! 萩尾望都Perfect Selection 3 (フラワーコミックススペシャル)11人いる! 萩尾望都Perfect Selection 3 (フラワーコミックススペシャル)
(2007/08/24)
萩尾 望都

商品詳細を見る


11人いる! (小学館文庫)11人いる! (小学館文庫)
(1994/11)
萩尾 望都

商品詳細を見る


ってことで、読んだこと無い人には「六花の勇者」と合わせてオススメ。キラキラ少女漫画だけど、それに躊躇していたらもったいない。



にしても。Amazonの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」がおもいっきり例のラノベ100選で占められていて苦笑するしかない。私も人のことを言えたもんじゃないが。

amazon.jpg

ライトノベル100(自分メモ用)

2011年09月29日 00:47

2chまとめから、自分メモ用に作品名抜きだし。
最近ラノベをまったく読んでいないので、めぼしいものがないかチェック。




【保存版】俺が選ぶライトノベル100傑作選

 1~10 不動の名作、迷ったらこれを読め!!
11~20 厨二乙、バトル乙だがそれがいい! 俺TUEEEEE!!!!!もあるよ!
21~30 萌えるドタバタラブコメといえば!? いっぱいありすぎて飽和状態!!
31~40 疾走する思春期のパラノイア
41~50 ライトSF決定版
51~60 俺が図書館&図書室で読破シリーズ
61~70 切ない物語をあなたに……
71~80 汝はゲーム小説が好きなりや? あと推理系
81~90 現実逃避に持って来いファンタジーラノベ
91~99 ロスタイム・10個に収まらなかったラノベ達

1 フルメタル・パニック (賀東昭二 富士見ァンタジア文庫)
2 魔術士オーフェン (秋田禎信 富士見ファンタジア文庫)
3 十二国記(小野不由美 講談社X文庫)
4 イリヤの空 UFOの夏(秋山瑞人 電撃文庫)
5 ロードス島戦記(水野良 角川スニーカー文庫)
6 ブギーポップシリーズ(上遠野浩平 電撃文庫)
7 キノの旅(時雨沢恵一 電撃文庫)
8 涼宮ハルヒの憂鬱 (谷川流 角川スニーカー文庫)
9 半分の月がのぼる空(橋本紡 電撃文庫)
10 銀河英雄伝説(田中芳樹 創元SF文庫)
11 レジンキャストミルク (藤原祐 電撃文庫)
12 ソードアート・オンライン(川原礫 電撃文庫)
13 終わりのクロニクル (川上稔 電撃文庫)
14 デュラララ!(成田良悟 電撃文庫)
15 円環少女 (長谷敏司 角川スニーカー文庫)
16 アスラクライン (三雲岳斗 電撃文庫)
17 Fate/zero (虚淵玄 星海者文庫)
18 R.O.D (倉田英之 集英社スーパーダッシュ文庫)
19 ムシウタ (岩井恭平 角川スニーカー文庫)
20 灼眼のシャナ(高橋弥七郎 電撃文庫)
21 ココロコネクトシリーズ(庵田定夏 ファミ通文庫)
22 バカとテストと召喚獣(井上堅二 ファミ通文庫)
23 ラノベ部 (平坂読 MF文庫J)
24 やはり俺の青春ラブコメは間違っている (渡航 ガガガ文庫)
25 俺の妹がこんなに可愛いわけがない (伏見つかさ 電撃文庫)
26 パパの言うことを聞きなさい(松智洋 集英社スーパーダッシュ文庫)
27 ラのべつまくなし(壱月 龍一 ガガガ文庫)
28 ギャルゲヱの世界よ、ようこそ(田尾典丈 ファミ通文庫)
29 わたしたちの田村くん(竹宮ゆゆこ 電撃文庫)
30 世界平和は一家団欒のあとで (橋本和也 電撃文庫)
31 脱兎リベンジ (秀章 ガガガ文庫)
32 AURA(田中ロミオ ガガガ文庫)
33 ほうかごのロケッティア(大樹連司 ガガガ文庫)
34 電波的な彼女(片山憲太郎 スーパーダッシュ文庫)
35 学校の階段 (櫂末高彰 ファミ通文庫)
36 空色パンデミック (本田誠 ファミ通文庫)
37 こうして彼は屋上を燃やすことにした (カミツキレイニー ガガガ文庫)
38 月光(間宮夏生 電撃文庫)
39 とらドラ!(竹宮ゆゆこ 電撃文庫)
40 「映」アムリタ (野崎まど メディアワークス文庫)
41 学校を出よう!(谷川流 電撃文庫)
42 猫の地球儀 (秋山瑞人 電撃文庫)
43 All You Need is Kill (桜坂洋 集英社スーパーダッシュ文庫)
44 紫色のクオリア(うえお久光 電撃文庫)
45 ある日爆弾が落ちてきて (古橋秀之 電撃文庫)
46 シュタインズ・ゲート 円環連鎖のウロボロス  (海羽超史郎 富士見ドラゴン・ブック)
47 それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ(庄司卓 朝日ノベルズ)
48 ウィザーズ・ブレイン(三枝零一 電撃文庫)
49 9S (葉山透 電撃文庫)
50 タイムリープ(高畑京一郎 電撃文庫)
51 スレイヤーズ (神坂一 富士見ファンタジア文庫)
52 空の境界(奈須きのこ 講談社文庫)
53 悪魔のミカタ(うえお久光 電撃文庫)
54 リバーズ・エンド(橋本紡 電撃文庫)
55 空ノ鐘の響く惑星で (渡瀬草一郎 電撃文庫)
56 風の白猿神(滝川羊 富士見ファンタジア文庫)
57 テイルズオブデスティニー2 (結城聖 集英社スーパーダッシュ文庫)
58 アルマゼノン トライゼノンシリーズ (あおしまたかし 富士見ファンタジア文庫)
59 図書館戦争(有川浩 角川文庫)
60 ズッコケ三人組 (那須正幹 ポプラ社文庫)
61 テルミー(滝川廉治 集英社スーパーダッシュ文庫)
62 ロミオの災難(来楽零 電撃文庫)
63 しにがみのバラッド。(ハセガワケイスケ 電撃文庫)
64 プシュケの涙 (紫村仁 電撃文庫)
65 旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (萬屋直人 電撃文庫)
66 サクラダリセット(河野祐 角川スニーカー文庫)
67 さよならピアノソナタ (杉井光 電撃文庫)
68 雨の日のアイリス(松山剛 電撃文庫)
69 この広い世界にふたりぼっち(葉村哲 MF文庫J)
70 付喪堂骨董店(御堂彰彦 電撃文庫)
71 扉の外 (土橋真二郎 電撃文庫)
72 ツァラトゥストラへの階段(土橋真二郎 電撃文庫)
73 会長の切り札 (鷹見一幸 角川スニーカー文庫)
74 騙王 (秋目人 メディアワーク文庫)
75 月見月理解の探偵殺人 (明月千里 GA文庫)
76 空ろの箱と零のマリア (御影瑛路 電撃文庫)
77 小説スパイラル 鋼鉄番長の密室 (城平京 エニックスCOMIC NOVELS)
78 六花の勇者(山形岩雄 集英社スーパーダッシュ文庫)
79 マルドゥック・スクランブル(冲方丁 ハヤカワ文庫JA)
80 アクセル・ワールド(川原礫 電撃文庫)
81 戦闘城塞マスラヲ (林トモアキ 角川スニーカー文庫)
82 星図詠のリーナ(川口士 一迅社文庫)
83 wonder wonderful (河上朔 イーストプレス)
84 RPG W(・∀・)RLD  (吉村夜 富士見ファンタジア文庫)
85 シュヴァルツェスマーケン (内田弘樹 ファミ通文庫)
86 影執事マルクの手違い(手島史詞 富士見ファンタジア文庫)
87 とある飛空士への追憶 (犬村小六 ガガガ文庫)
88 狼と香辛料 (支倉凍砂 電撃文庫)
89 烙印の紋章(杉原智則 電撃文庫)
90 蒼海ガールズ!(白鳥士郎 GA文庫)
91 クリスクロス(高畑京一郎 電撃文庫)
92 ミミズクと夜の王 (紅玉いづき 電撃文庫)
93 Astral (今田隆文 電撃文庫)
94 ノエイン ノベライズ (淺川美也 MF文庫J)
95 灼熱の小早川さん (田中ロミオ ガガガ文庫)
96 イリスの虹 (七月隆文 電撃文庫)
97 僕は友達が少ない (平坂読 MF文庫J)
98 クリスタルコミュニケーション (あかつきゆきや 電撃文庫)
99 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (桜庭一樹 富士見ミステリー文庫)

100(スレ内で名が挙がっていたもの
されど罪人は竜と踊る
断章のグリム
薔薇のマリア
第61魔法分隊




新規で個人的に気になったヤツは&太字。
読んだことのある作品/シリーズは。でもシリーズの途中までしか読んでいないのもちらほら。
アニメを見たヤツは

思ったよりラノベ読んでた>自分。どれだけ大学時代暇もてあましてたんだか。

しかしラノベ以外でも読まねばならんと思って積読しまくっているSFやらなんやらあるし、まあ気が向いた時に探してみる感じで。(ラノベはマイナーなヤツはすぐに淘汰されてしまうから手遅れになる場合もあるけど)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。