--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽は鳴り止まない

2009年01月10日 21:38

ある意味一目ぼれだったのだ。

一見、無愛想で、とっつきにくくて。
ルックスが良いものがちやほやされる世の中で、
見た目ばかりかっこよくて、中身の伴わない愚鈍なやつらを蔑視し、
自らの外見には頓着しなかった人。
ぎりぎりまで無駄な肉をそぎ落としたボディの、機敏な身のこなし。
ストイックという言葉を体現したかのよう。
限りなくマニアックで、癖の強すぎる個性。

そんなあなたと出会ったのは、もう四年も前のことだった。
不気味なエイリアンのような仮面の下に隠されていたのは、
二人でいれば何でもできるんじゃないかと思わせるような頼もしさと、猫好きな一面。

ぞっこんだった。
ほかのヤツラなんかどうでもいいくらい。
ともに過ごした時間。
音楽は鳴り止まなかった。

でも、四年という月日は、残酷で。
お互いを変えるには十分な時間だったのかもしれない。

出会った当初
「世界中の全員から愛されようとは思わない、一握りでもいい、自分の内面を分かってくれる人がいれば、それだけで十分だ」
とばかりにとんがっていたあなたは、年を重ねるにつれ、丸くなった。
いつの間にか、あれほど毛嫌いしていファッションに気を使うようになった(まだ垢抜けないけど)。
スレンダーだった肉体に、若干余分なものが増えた。
以前は呼んだらいつでもすぐ駆けつけてくれたのに、今ではそうもいかない。

もう潮時なのかな。
もうあのころにはもどれないのかな。

いとしのfoobar2000
あなたとの音楽に満ちた日々を胸に、私は新たな出会いを求めた。


前振りが長くなったが、要するに、殺伐音楽プレーヤーfoobar2000も丸くなって遅くなったので乗り換え検討中ということ。
乗り換え先の候補は、hogehoge2006が改名したH2k6、Songbird、MediaMonkey、Winamp、1by1とか。Winampに関しては乗り換えじゃなくって出戻りだけどね。

まず試したのはH2k6
名前から分かるようにfoobar2000を意識して作られた、データベース型音楽プレーヤーだ。
軽さは申し分ない。
数千曲をデータベースに追加しても問題ないし、デザインも気にならない。
歌詞ファイルやジャケット画像もデフォルトのままで表示可能。
気になることがあるとしたら、ディレクトリ構造からファイルを探せないことと、たまに強制終了することぐらい。

次に試したのは、Songbird
Firefoxのブラウザを搭載したメディアプレーヤー。
面白いけど、若干立ち上がりが遅いし、個人的にはあまりネットと音楽がつながっている必要性がないので、あまり私向きじゃない。なんかReal Playerの同類みたい。二回起動して、アンインストール。

お次は、MediaMonkey
これは結構いい。まだ使い込んでないけど、必要としている機能は全部ある感じ。
Winampのプラグインがつかるそうなので、ポテンシャルはあるかも。

おなじみにWinamp
しばらくWinampから離れていたけど、まあ、こんなもんかなって感じ。でも取り立ててこれぞって言う機能がないんだな。もうスキンとかあんまり興味ないし。久しぶりにavsとかつくるの楽しそうだけど。

1by1は軽いって言うから期待してたけど、なにやら日本語化けが発生するらしい?「ソ」の文字化けがいやらしいので、今回は検証パス。


あー。でもよくよく考えたら、パソコンを新調してVistaになってからメモリも増えたし、もっぱらスリープだし、起動しっぱでもいんだよね。だったら少々起動が遅くてもいいのかー。うむ、やっぱりfoobar2000は捨てがたい・・・。しばらくfoobar2000とMediaMonkeyを併用しつつ、H2k6の成長に期待、かなぁ。長くなじんでしまった関係を清算するのはやはり難しい。
スポンサーサイト

ふー

2007年10月25日 23:58

foobar2000の最新βがなにやらすごいことに。アイコンもさらに磨きがかかったし。設定を激しく弄らなくてもレイアウトを簡単にスイッチできるようになったので、導入時の敷居は低くなったと思う。でも以前のバージョンのころのコンセプトからかけ離れてきたな。

http://www.foobar2000.org/beta/index.html

OSがXP以上必須になったりと、中身も結構変わったみたい。Componentsの対応状況も不明。

以前のバージョンの設定を残しておきたい人は、インストールするときにEnables per-user settingsのチェックを外して、別のフォルダにインストールすること。


追記:
ここに新しいバージョンの詳しいことが書いてあった。
http://www.foobar2000.org/releasenotes-095/releasenotes.html
componentsの互換性はあるみたい(一部例外あり)。

スクリーンショットもある。
http://www.foobar2000.org/releasenotes-095/images/default_user_interface.png
これとかもうfoobar2000じゃないみたいだ(笑。

foobar2000と猫の関係

2006年02月19日 00:00

先週だけちょっとwinampに浮気してました。
バージョンアップしたら、Music MagicMixとかいう新機能が付いていて、これがなんとなく面白くて色々遊んでたんです。自分のPC内にあるファイルを全部スキャンしてくれて、一つ曲を選ぶと似たような曲調の音楽を選んでくれる、という機能です。ちなみに、摩訶不思議アドベンチャーを選んだらTANK!とかルパン3世のテーマとかが出てきました。

でもやっぱfoobar2000に戻ってきたのです。
なぜなら、foobar2000>aboutで見られるいわゆる「このソフトについて」に

foobar2000 v0.8.3
Unicode version
Compiled on: Jun 28 2004

(c) 2002-2004 Peter Pawlowski
http://www.foobar2000.org/

Powered by :
- tag
- libvorbis
- libogg
- jnetlib
- zlib
- mpglib
- in_mpc
- ssrc
- supereq
- vorbisgain
- akrip
- KISS FFT
- my cat


Icons by picmixer
Special thanks to (in no particular order):
Case, kode54, MTRH, Dibrom, JohnV, TrN, Garf, Menno

「powered by “my cat”」ですよ!
惚れ直しました。
そう思うと、あのエイリアンのようなアイコンは猫がモデルだったのだと、なっとくできる・・・気がします。猫型エイリアンということで妥協してもかまいませんが。


foobar2000 http://www.foobar2000.org/
winamp http://www.winamp.com/

foobar2000

2005年10月11日 00:00

以前SFと科学のネタがないときはフリーウェアを紹介するとか言っておきながら、結局Firefoxについてしか書いてなかったよ。

つうわけで、フリーフェア紹介第二段。音楽プレーヤー「foobar2000」。

さて早速foobarを紹介する前に、すこし私の音楽プレーヤー左遷史でも。

まず一番初めは付属のwindows media player。古いシンプルなやつのほう。
WMPがヴァージョンアップしてスキンとか使えるようになったけど、めちゃ重くなった。
んで、realとかWinAMPとか試してみて、WinAMP派に。
一時期mp3にエンコードするためにSCMPX使ってた時期もあったような気がするけど。
まあそれでもかなりのWinAMPユーザーだったわけ。
月に一回ぐらいは更新チェックして新着のスキンを漁ったりして。
でもやっぱりWinAMPもver2じゃなくなったらなんとなく重くなってしまった。

とにかく軽めのプレーヤーを探す旅が始まった。
そして去年ついにfoobar2000に出合ったのだった。


foobarのGUIは凄い。
WinAMPの技巧を凝らしたスキンに慣れていた私にとっては目から鱗。
圧倒的にシンプルで、なんか落ち着かない。
だけどシンプルな分、起動はサクサク。この速さはまさに快感。
そして見た目のシンプルさとは裏腹に非常に多機能。
扱える音楽ファイル形式は
MP3/MP2/MPEG-4 AAC/Musepack/OggVorbis/WAVE/AIFF/CDDA/FLAC/MIDI/MWA
などなどの定番に加え、コンポーネントを追加することによって見たことも聞いたこともないような形式にも対応できる(MODとか何それ状態)。
ZIPされている音楽をそのまま解凍しないで聞けちゃったりもする。
コンポーネントで追加できるのは音楽形式だけじゃない。
いろいろありすぎて書ききれないけど、スケジューラー(何時になったら再生する・電源を切る等)とかもあったり。

あとタブでプレイリストを管理できるのがいいよね。
かなり癖があって最初は使いづらいけど、慣れるとなんも問題はない。

foobar使いつつもMedia Player ClassicとかJetAudioとかiTuneとか試してみたけど、やっぱ音楽だけを聴くんだったらfoobar一筋だな。バックグラウンドで音楽を流すだけだったら派手なスキンなんて必要ないしさ。


ちなみに関連づけすると音楽形式ごとに違う色のアイコンを割り当ててくれるのが親切。WinAMPは再生可能形式全部ひっくるめられちゃうんだもん。


ちなみに見た目はこんな感じ。

foobar2000ss


背景色とか文字色とかは好きなように変更できる。
英語のソフトだけど日本語化パッチを当てれば平気なはず。

http://www.foobar2000.org/ (オフィシャルサイト 英語)
http://foobar.s53.xrea.com/fbwiki/ (日本語解説)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。