--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MM9 - エムエムナイン -

2011年10月14日 00:10

ずいぶん前に読んだ本だけど、最近続編も出たみたいだし、せっかくだからパラパラ読み返しつつご紹介。

MM9 (創元SF文庫 )MM9 (創元SF文庫 )
(2010/06/24)
山本 弘

商品詳細を見る


地震や台風などの自然災害に加え、怪獣災害というものがある世界(っていう設定を見た段階でシムシティ2000を思い出した)。世界有数の怪獣大国日本。だが甚大な被害をもたらす可能性がある怪獣に立ち向かうのは、アメコミ的ヒーローでもなく、宇宙から来た正義の使者でもなく、カラフルな五人組戦隊でもなく、怪獣対策のスペシャリスト「気象庁特異生物対策部」通称「気特対」、つまりは国家公務員である。怪獣の早期発見、データ収集・観測、被害規模の予測、警報の発令、そしてその撃退方法のアドバイスが主な任務である。気特対は怪獣を迎撃する攻撃手段を持ち合わせていないので、直接怪獣と戦うのは自衛隊ではあるが。

怪獣はその規模にあわせてMM0からMM9までで評価される。MMはモンスター・マグニチュードの略だ。

「怪獣の体積が2.5倍になれば、人口密集地に及ぼす最大の被害は四倍になる」とガスリーは唱えた。怪獣の皮膚の厚さは体積の立方根に比例し、厚くなるほど弾丸は貫通しにくくなる。怪獣を殺すのに必要な累積ダメージは体積に比例する。単位断面積あたりの骨や筋肉の強度は体積の三分の二乗に比例し、地上での移動速度は体積の六分の一乗に比例する。建造物に加えられるダメージの大きさは体積の四分の一乗に関係する……といった要素すべて加味すると、怪獣が人口密集地に侵入した場合、軍に倒されるまでに最大どれだけの破壊を繰り広げるかが求められるというのだ。

(中略)現在は同体積の水の重量に換算したトン数を基準にMMが算出されている。MM0は1トンの水に等しい体積の小型怪獣で、MMが1上がるごとに体積は2.5倍になる。

兵器の殺傷能力が100年前よりも増大したこと、堅牢な高層ビルが増えたことなどにより、現在ではガスリーの法則は成り立たなくなっている。それでもMMは怪獣の脅威を予測する目安として使われ続けている。

数字が一つ上がるにつれ、被害規模は格段に大きくなる、というところは地震のマグニチュードと同じ。怪獣の予想進路等発表しながら警報を出していく様はさながら台風。

数百トンを超える体重の巨大生物は、科学に照らし合わせると己の体重を支えきれないはず。それなのにMM5を超える怪獣達は地上に現れ、二本足で闊歩したりする。怪獣には人類が知っている物理学は通用しない。というのも、怪獣は人間が属する「ビックバン宇宙」とは異なる「神話宇宙」の法則に支配される存在だからである。

そんな人知の及ばない怪獣相手に日々奮戦する気特対。彼らの前に、一糸まとわぬ少女の姿をした怪獣(テレビ中継はモザイク付き)が現れたり、怪獣を使ったテロを企てる組織の存在が明らかになっていったり……。そして観測史上最大、伝説級のMM9怪獣が日本で目覚めてしまう。

怪獣に有効な必殺技を持つわけでもなく、ヒーローのような華々しい活躍をするわけでもなく、愛と勇気だけで人類が救えるわけでもなく。マスコミからの批難にさらされながらも、懸命に仕事をこなす命がけの現場、責任という重圧に耐える本部。SF的理屈付けに人間ドラマをおり混ぜたリアリティあふれる怪獣モノ。災害を扱った作品をエンターテイメント小説と称するのにいささか抵抗はあるが、己らの力の限界を知りつつも、人を助けるため困難に立ち向かう隊員たちの姿には励まされるものがある。そしてラストに示唆されるこの世界のひとつの可能性。なんかもうわくわくが止まらない。


特撮モノを題材にしたSFには昔紹介したΑΩもある。MM9と切り口が全く違っていて比べてみるのも面白いかもしれない。

そういえばMM9は去年連ドラ化されたそうだが、全くノーチェックだった。DVDででも見てみようかな。


山本弘のほかの作品:
神は沈黙せず
スポンサーサイト

レキオス

2008年07月13日 14:52

「レキオス」は以前読んだ「シャングリ・ラ」の池上永一の作品。『SFが読みたい』2001年版国内篇第2位だったらしい。にしてもこれまた「シャングリ・ラ」に負けず劣らずぶっ飛んだSFなのである。というか、先ず「レキオス」ありきで、その延長線上に「シャングリ・ラ」が位置するというのが正しいか。そんでもって、SFというより伝奇なんじゃないのかなぁ。まあいいや。

レキオス (角川文庫)レキオス (角川文庫)
(2006/01/25)
池上 永一

商品詳細を見る


二十世紀末。アメリカ軍基地が置かれている沖縄。アメレジアン(在日米軍の米兵と地元女性との間に生まれた子供)である女子高生デニスを中心に、沖縄が魔術的な陰謀に巻き込まれていく物語。

自らの野望のために転生を繰り返してきた米軍中将キャラダインが、血でぬれた沖縄の地に魔方陣を描いて地霊レキオスの封印をとこうとする。世の破滅を防ぐため、琉球の最高女神である聞得大君の加護を受けたデニスと、キャラダインを裏切ったヤマグチ少尉、そして変態天才女人類学者サマンサが、沖縄から生まれた混沌に打ち向かう。

本筋が見えてこないエピソードが絡まって肥大していき、気がついたら大きな一塊になって怒涛の終焉を迎えるものだから、途中まではストーリーの迷走に追従するのが正直つらかった。それでも荒唐無稽なキャラクターたちの奔放さに急かされるようにして読みきってしまった。

デニスは正確に言うと、アメレジアンの母と黒人米兵の父を持つので沖縄クォーターだ。褐色の肌、夜な夜な悪夢を見て流す血の色をした汗、8.0以上の超人的な視力、パーマとムースでまっすぐに固めた髪、大型バイクを駆る178cmの長身。そして彼女に取り憑いた鼻のない逆さま女。複雑な自分の家庭と沖縄での居場所に悩む少女は、百四十七年前からの運命に翻弄される。

レキオスの研究をするサマンサは、ド変態である。というか破廉恥である。意味不明なコスプレをし、ノーパンで人を驚かせたり、卑猥な言動で人々の顰蹙を買う。でも、超天才である。四つの力を統べる統一理論とレキオスの関係を証明しようとする。いや、レキオスこそが大統一理論の要であると、サマンサは言う。出現時にニュートリノが観察されるペンタグラムは、アインシュタイン方程式とマクスウェル方程式を統合するカルツアの五次元方程式によってモデル化できる云々。以下略。

米兵を引っ掛けて遊ぶことしか能がなかったような女子高生、広美。サマンサに催眠暗示で人格を破壊され、生体コンピューター『ろみひー』として生まれ変わった。なんとテスト運転で62000ヨタFLOPS、一秒間に10の28乗の演算能力を発揮した。驚くべきことに、これは最高速度のたった4%だという。もうむちゃくちゃだ。ヨタっていったいなんの単位なんだよ、と思って調べてみると、キロ<メガ<ギガ<テラ<ペタ<エクサ<ゼタ<ヨタらしい。現在SIで定められている最大の接頭辞だと。

ユタ(シャーマン)のオバァはいい加減な占いをする。ジャンケンのグリコ占いや、インラインスケートによるフィギュア占い。でも占いははずれない。ロシアンルーレットで米兵に勝負を挑み、13連勝してたりする。食えないが、なかなかおちゃめな婆さんである。


これでもかっていうキャラ設定の登場人物たち。あ、でも男性陣はいまいち影が薄い。元凶の魔術師キャラダインですら、サマンサの前では霞んで見える。まあ、変態サマンサに勝てるキャラは、小説にとどまらずアニメや漫画の中でもめったにお目にかかれないのではないだろうか。



「シャングリ・ラ」が気に入った人は、原点である「レキオス」を読んでみてもいいかもしれない。「シャングリ・ラ」を受け付けなかった人は、きっと「レキオス」にも拒否反応を起こすだろう。清純でウブな良い子は「レキオス」を読んではいけない。サマンサに毒されてしまうから。

いささか強烈な毒を受けてしまった私は、さっさとサマンサのイメージを払拭する解毒剤が欲しい…。

さらばサマンサ、永久に!

食卓にビールを

2008年06月15日 00:50

食卓にビールを (富士見ミステリー文庫)

食卓にビールを〈2〉 (富士見ミステリー文庫)食卓にビールを〈2〉 (富士見ミステリー文庫)
(2004/10)
小林 めぐみ

商品詳細を見る


女子高生で、人妻で、SF作家。そんなよくわからない設定の、好奇心旺盛な主人公はよくわからない宇宙と異星人を巻き込んだよくわからないあれやこれやに巻き込まれる。が、楽観的でマイペースで強運の持ち主である彼女の行く手をふさぐものはなかった。

と、書いてみたもののこれではこの作品のニュアンスがきちんと伝わっていない気がする。SF魂をくすぐるコネタと、ボケとボケ殺しの応酬と、なんちゃって無駄知識と、意表をつくぬるい展開・・・これらをごったまぜにして、最後に冷蔵庫から出したての冷えたビールできゅっと締める。そんな感じなんだと思う。

ちなみに作者は小林めぐみ。「ねこたま」とか「ねこのめ」を書いていた人。「ねこたま」は、つかみどころのない作品だなと思った。あえて言うなら、新井素子や大原まり子っぽい作家だと感じた。文体が新井素子よりで、世界観が大原まり子チックで。ところがどっこい「食卓にビールを」はぜんぜん作風が違う。いい意味で裏切られた。

全六巻の短編形式なので、あんまり前後のストーリー性とかはない。よくよく考えるとやっぱりつかみどころはないのかもしれない。そもそも主人公に名前がないあたりから、異世界が正常な空間に侵食してきている気がする。


それにしても、作品のネタが、妙に私のツボをつついてくるのがたまらない。

魔法使いが操ることのできる、世界を統べる四つの力。それは、4大元素たる火、地、風、水・・・ではなくって強い力、弱い力、電磁力、重力だったり。重力が大きい星、といえば界王拳だったり。


まあ、とりあえず気になった人は読むべし。
その上で口に合わなければ仕方ない。



ちなみに、残念ながら私はビールが好きではありません。宴会でももっぱらコーラ、コーラ、ウーロン茶。

老ヴォールの惑星

2007年03月13日 21:24

第六大陸』の小川一水、初の短編集。
2006年度版SFが読みたい』で発表された読者が選ぶベストSF2005国内篇第1位。

老ヴォールの惑星 老ヴォールの惑星
小川 一水 (2005/08/09)
早川書房

この商品の詳細を見る


全体的に日本人離れした作品だなという感想を抱いた。四篇ともどれも趣きが異なっていて飽きが来ない。


ギャルナフカの迷宮
反社会的な政治犯として一枚の地図とともに地下迷宮に落とされた元教師テーオ。地下には人数分の水場ときのこみたいなものが生える餌場しかない。生き残るために水場と餌場の記されている地図の奪い合いが起こり、人々は疑心暗鬼になっていた。一部の人間は、食べ物を求める欲望を抑えきれずに、野蛮な生肉食いと化していた。テーオはこの無秩序な迷宮に、文明的な社会を作ることを決意した。

閉鎖された厳しい環境下での生への渇望がナマナマしくてエグい。アイディアとしては嫌いじゃないけど。


老ヴォールの惑星
巨大な海の惑星。その表面に生きる知的生物。体から光を発することにより、情報を種全体で共有することができる。多くの知識を溜め込んだ長老ヴォールは若者に、空の星のひとつに彼らの惑星サラーハに似た世界がある事を教えてその生を終える。サラーハに危機が迫ったとき、残された彼らは老ヴォールが発見した星を探し出そうとする。

この本のなかではやっぱり表題作であるこの短編が好き。地球起源の生命とは根本から異なる知的生命体の不思議な生活様式の描写に惹かれる。


幸せになる箱舟
火星まで生活圏を広げた人類は、木星で地球外知性体によって作られた自動機械を発見した。ビーズと呼ばれるようになったそれは、木星の大気を採取し彼らの母星に向かって超高速で射出していた。このままでは木星の重量が変化し、近い未来太陽系の惑星の軌道がずれていってしまう。人類はビーズを作り出した知性体クインビーと交渉するため、専門家達を特使として送り込んだ。危険と困難を極めると思われたそのミッションは、予想に反してとんとん拍子にことが運び、うまく行き過ぎることに疑問を抱いた時・・・。

人類を危機に追い込む地球外生命体による太陽系への干渉+人間の望んだ夢を見せてくれる未知の星。辛めに言うと、既出のアイディアを二つくっつけただけかも。


漂った男
未開の惑星の偵察任務中、タテルマの乗った機は墜落。海しかない巨大な惑星パラーザで漂流してしまった。救助を要請したが、広大な面積のため惑星のどこを漂っているのか特定できず、発見は絶望的だった。栄養価の高い海の水と空間距離に影響されないU(アルティメイト)フォンを命綱に、タテルマは漂流し続ける。

ほとんど何も起こらないことがポイントのストーリー。x年も独りぼっちで海を漂うなんて気の遠くなるような話だ。タイトルから何故か「嘔吐した宇宙飛行士」を連想してしまったのは内緒。



関連:小川一水の作品の感想

太陽の簒奪者

2006年11月09日 05:43

異星人とのファーストコンタクトを巡る物語は、まさに今日2006年11月9日から始まったのだ。

太陽の簒奪者 太陽の簒奪者
野尻 抱介 (2002/04)
早川書房

この商品の詳細を見る


おなじみ長門有希の100冊のうちの一冊。
「SFが読みたい! 2003年版」国内篇ベスト1。
第34回星雲賞受賞。

作者は『ふわふわの泉』の野尻抱介。


2006年11月9日早朝。水星の太陽面通過を観察していた天文部部長の白石亜紀は、水星から塔のような細長い物体が伸びていることに気がつく。突如現れた水星の異変に世界中の注目が集まる。水星から噴出される物質は、やがて太陽を取り囲む巨大なリングを形成した。そのリングによって太陽光がさえぎられ、地球の気温が下がり農作物が育たなくなった。リングの正体はなんなのか、何者によってなんの目的で作られたものなのか。度重なる調査によって、リングが自己修復機能を持ち、身近なものを侵食する特性がある事がわかった。水星に向けられた探査機は、防衛線を越えることができずに撃ち落とされてしまった。
水星太陽面通過の観察以来、水星とリングに関心を奪われた白石亜紀は、そのまま“リング学”のエリートコースに進む。そしてリングへの有人飛行クルーに選抜される。異星人とのファーストコンタクトの夢を胸に抱いたまま。
しかし実際のところリングへの有人飛行プロジェクトに課せられた課題は、異星人とのファーストコンタクトではなく、リングの破壊である。リングを破壊しない限り、地球に明るい未来は来ない。4人の選抜されたクルーはリングに接近、破壊を試みる。リングの観察によりその役目は、オリオン座の方向から来る異星人のレーザー帆船を減速させることにあるのではないかと推測された。リングの物質に侵食されたクルー一人を失いつつも、白石の思いつきでリングを破壊することができた。
太陽を遮るリングという脅威を取り除いた人類は、次なる脅威に身構える。異星人の大船団は、減速装置を壊されてどのような行動に出るのだろうか。目的地に止まれないまま、行きずりに報復攻撃を仕掛けてはこないだろうか。人類は太陽系に向かいつつある未知の異星人とコンタクトを取ろうと、あらゆるチャンネルを通して呼びかける。だが応答はない。
リング発見から29年後、44光年先の宇宙からやってきた船の姿を捕らえた。減速装置を壊されたことに気がついた宇宙船は、その質量エネルギーを持ってして、自力で太陽系に止まらんとしていた。それを地球側は9隻の宇宙戦艦で迎え撃つ。うち1隻は白石亜紀の指揮するコンタクト船だ。異星人との交渉が成功しなければ、残りの8隻が迎撃する。今まで地球人に無関心を貫いてきた異星人とコンタクトする余地はあるのか。もし交渉が失敗した場合、異星人と対等に戦うことができるのか。人類の存亡を賭けた接触が始まった・・・。




間に合った。何とか11月9日朝6時までに読み終わってこの記事を書き上げた。
せっかくだもの。タイムリーにいきたいじゃない。
先日の記事にも書いたけど、この水星の太陽面通過は実際の現象。
日時も同じ設定。つまり今日だったのだよ。


太陽の簒奪者はハードSF。無駄のない文章は、無機質で硬質な印象を与えるが、それが殺伐しすぎないのは、本編の主人公が女性科学者だからだろうか。とは言うものの、白石亜紀は華やかな女性ではない。無口、無表情でつまらない、「リングと結婚した女」と陰口されるような人物だ。それがかえって私のような人間には共感できる。頑張れ女性科学者!
著者インタビューの中で野尻抱介本人が言っているが「計算したり絵に描いたりしてなるべく具体的に構築してから、新聞記者になった気持ちで文章化してい」るそうだ。どうりでさっぱりしていると思った。クルーの一人マークが侵食され死ぬ時なんか、ハリウッド映画だったら情緒的な音楽で盛り上げていく一番の泣かせる場面になるはずなのに、そんな描写は微塵もなくあっけなく逝ってしまったものな。

少ない限られた情報から未知なる文明や生命体を推測していく過程って言うのは、ファーストコンタクトものハードSFの醍醐味かもしれない。ホーガンの『星を継ぐもの』のように。水星に突然現れた人工物の登場から、コンタクトの取れない異星人との試行錯誤まで、ぐいぐい引き込まれるようにして読んでしまった。
意思の疎通ができない異星人とどう関わるのか、っていうのは結構よくあるSFのテーマだけど、SF作家の描く宇宙人が幾通りもあればその幾通りもの解があるわけで、SF読者としては毎回楽しめるのでなんの問題はないと思う。


全体的にはかなり好き。というか今年読んだSFの中では上位に入る。人間関係が細やかに描写されているわけでも、キャラクターが深く掘り下げられているわけでもないので、そういうのを求める人には向かない本かも知れないけれど。でも冷静な文章の1枚下に、白石亜紀の苦悩とか感情とかがきちんと読み取れる気がする。このキャラクターとの距離感が丁度いい。


そういえば白石亜紀って字面が白亜紀を思い出させる。確か恐竜が隕石で絶滅したのが白亜紀末期じゃなかったっけ。白亜紀+石っていう名前に何か裏がありそうな気がする。・・・結果的に白石亜紀が宇宙人の減速装置を壊したわけだから、そこらへんと関係しているのかも。白石の所為で、異星人は目的地を奪われ、二度と止まれない宇宙旅行を続ける羽目になったかも知れないからな。



---以下ネタバレ含む---

この宇宙人だが、思いのほか地球型生物に似ていてちょっと拍子抜けかな。露猫綾乃さん「太陽の簒奪者」はやさしくない物語か?という雑記に出てくる宇宙人が自分の想像とドンピシャだったのでおかしかった。かわいいじゃん。こいつら。

ラスト、マークが再生されるあたりは「2001年宇宙の旅」(原作)を彷彿とさせるな。スターチャイルドとなったボーマンを思い出す。そういえばドーナッツ型の宇宙船もまた「2001年宇宙の旅」(映画)っぽいな。
---ネタバレ一応ここまで---



太陽の簒奪者はハードカバー版と文庫版があるが、文庫版には谷川流(涼宮ハルヒの原作者)の解説がついているらしい。私が読んだのはハードカバー版だったので解説はついておらず。ぬう。谷川流の解説、読んでみたいよ。

長門さんが太陽の簒奪者を選んだのには、意思疎通できない宇宙人ってあたりがキーっぽい気がする。長門有希自身宇宙人の対人間用インターフェイスであって、それでいて宇宙人の観念・思考を言語化するのに苦労しているみたいだからね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。