--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカーレット・ウィザード

2012年02月01日 23:39

前回「ムシウタ」シリーズで容赦ない死亡ラッシュと夢潰える若者たちを目の当たりして、沈んでいた気分を盛り上げるためにチョイスしたのが茅田砂胡の『スカーレット・ウィザード』シリーズ。実は学生時代に薦められて借りて読んだことがある。ただ記憶力に乏しいゆえに、荒唐無稽なスペースオペラ(+夫婦漫才)だった、というような印象しか残っておらず、もう一度読んでみたいなと思っていた。そこに電子書籍でそろっているのを見かけて、思わず買ってしまったのだった。


ゲートと呼ばれる、遠く離れた空間をつなげるゆがみ(ワープポイント)が宇宙に点在し、人類が銀河のあちこちの惑星でそれぞれの文化を発展させている時代。宇宙海賊ケリー(30歳前後)は、宇宙に生きる男たちにキングと称えられるほどの船乗りだ。バケモノ級の操縦技術と自分しか知らないゲートを使って、宇宙連邦政府の追跡の手を十何年もの間逃れてきている。海賊王と異名を持つものの手下は一人もおらず、唯一の相棒も宇宙船の感応頭脳(規格外)であるダイアナ・イレヴンスだけ。ケリーの腕前に惚れ込んで、手を組もうとした名の有る海賊たちは数多くいたが、そのどれの誘いにも乗らず一匹狼を貫いている。そんなケリーの前に超巨大財閥の創始者の一人娘であり現総帥であるジャスミン・クーア(28歳)が現れ、自分と結婚する契約を一年間結んで欲しいと迫る・・・。権力欲しさに陰謀を企むクーア財団幹部たちを相手にジャスミン&ケリーの常識を無視した戦いが始まった。


二人の主人公が30前後の男女なので若さへの嫉妬に狂うことなく安心して読める。またケリーとジャスミン両名とも殺しても死なない級の強さなので安心して読める。むしろ敵に同情してしまいそうになるほどのぶっちぎりの破壊力でスカッとすることこの上ない。細かいSF的考証などは気にせずに、ノリと勢いと笑いでガンガン読むべし。ムシウタ症候群の回復薬にまさにうってつけだった。(正確に言うと4巻ぐらいまでは、だけど・・・。シリーズ終盤はシリアス展開、涙あり。)

外伝まで読んで、著者のほかのシリーズとクロスオーバーしていると知る。というわけで今現在は『デルフィニア戦記』シリーズ(全18巻+外伝)を読み始めている。ファンタジー物はあまり嗜んでこなかった私だが、こちらもノリでじゃんじゃん読んでしまっている。このあとに『暁の天使たち』シリーズ(全6巻+外伝)、『クラッシュ・ブレイズ』シリーズ(全16巻)、そして『天使たちの課外活動』(刊行中)と続くらしい。当分楽しめそうだけど、早くジャスミン&ケリーに再会したい。


スカーレット・ウィザードシリーズ電子書籍版: Reader Store / PDABOOK / ビットウェイブックス / 電子書店パピレス / 紀伊國屋書店BookWeb


スカーレット・ウィザード〈1〉 (C・NOVELSファンタジア)スカーレット・ウィザード〈1〉 (C・NOVELSファンタジア)
(1999/07)
茅田 砂胡

商品詳細を見る

スカーレット・ウィザード〈2〉 (C・NOVELSファンタジア)スカーレット・ウィザード〈2〉 (C・NOVELSファンタジア)
(1999/11)
茅田 砂胡

商品詳細を見る

スカーレット・ウィザード〈3〉 (C・NOVELSファンタジア)スカーレット・ウィザード〈3〉 (C・NOVELSファンタジア)
(2000/07)
茅田 砂胡

商品詳細を見る

スカーレット・ウィザード〈4〉 (C・NOVELSファンタジア)スカーレット・ウィザード〈4〉 (C・NOVELSファンタジア)
(2000/11)
茅田 砂胡

商品詳細を見る

スカーレット・ウィザード〈5〉 (C・NOVELSファンタジア)スカーレット・ウィザード〈5〉 (C・NOVELSファンタジア)
(2001/04)
茅田 砂胡

商品詳細を見る

スカーレット・ウィザード外伝―天使が降りた夜 (C・NOVELSファンタジア)スカーレット・ウィザード外伝―天使が降りた夜 (C・NOVELSファンタジア)
(2001/11)
茅田 砂胡

商品詳細を見る


スポンサーサイト

ついにグイン・サーガに手を出すときが来たかも

2012年01月15日 22:40

DMM.comで半額セールをやってるみたい。期限は明日の正午まで!電子書籍の半額対象作品はかなり数があるんだけど、Sony Reader対応形式のみを取り扱っているわけでは無いので注意が必要。XMDF形式はOKだけど、bookend形式はNG。

グイン・サーガシリーズがXMDF形式でで半額対象だったので、ついとりあえず16巻まで衝動買い。各巻420円が半額の210円になっている。50巻買うお金で、100巻購入できるってわけ。いや、DMMにあったのは正伝95巻、外伝20巻までだけど。これは・・・もうありったけ買っておくべきか否か。ああ、でも全部買うと2万円強かぁ・・・。



------ 追記
結局とりあえず16巻だけで満足することに。残りはそこまで読み終わってから考える。
ちなみに、DMM.comで買ったXMDF形式のグイン・サーガは、デフォルトが横書きだった。PCのブンコビューアや、Kinoppy(iPhone)版では、設定で縦横切り替えが出来るので問題はない。ただ、Sony Readerにはどこを探しても縦横の切り替え設定が見つからなかった。たぶん横書きのままで読まないといけないんだろう・・・。Readerに縦書き/横書きを切り替えられる設定機能つけてくれないかなぁ。

ルー=ガルー2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔

2011年10月27日 23:15

ルー=ガルー2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔<講談社ノベルス>ルー=ガルー2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔<講談社ノベルス>
(2011/10/14)
京極 夏彦

商品詳細を見る


待ちに待った京極夏彦『ルー=ガルー 忌避すべき狼』の続編。10/14に単行本、新書ノベルス版、分冊文庫版、電子書籍と、一気に四形態で出版された。単行本は重いしでかいし高いしで選択肢になかったのだが、新書サイズと文庫サイズで迷った挙句文庫版を購入。(各種リンクは記事下部に)

前作では仲間を助けるため法を破り暴れまわった少女たちだったが、忌まわしき事件そのものが当局により隠蔽されてしまったため彼女らは裁かれることなく日常へと戻って行った。しかし星の巡り合わせというべきか、あの事件の関係者たちは再び巨大な犯罪の闇に対峙することになる。


今作では、落ちこぼれ刑事からさらに落ちこぼれ無職となった橡兜次と、前回の拉致監禁被害者来生律子の視点を通して物語が進み、新たなる事件とその真相が明らかになっていく。

趣味のバイクいじり(ただしバイクは前世紀の遺物であり法律上走行禁止)を中断して空気を吸いに外にでた律子が家の前で鉢合わせたのは、全身黒い葬式衣装姿の佐倉雛子だった。雛子は彼女を連れ戻しに来た兄の目を盗み、液体が入った小壜を律子に託す。その無色透明な液体を雛子は「毒」だと言った。果たして壜の中身はなんなのか。そして雛子がそれを託した意味は……。

一方で、警察をやめた橡は三十年前に親友霧島タクヤが起こした一家惨殺事件について独自に調査を始める。神埜歩未が敵を屠るために使用したサバイバルナイフの出自。冷静さを保ったまま些細なことで他人を殺傷してしまう児童達。未登録住民の相次ぐ失踪。美緒の自宅への襲撃。一見無関係に見える個々の事柄は、どう絡まってどこに繋がっているのだろうか……。それぞれの過去と今が交差しあい、ひとつの恐るべき犯罪計画の輪郭を浮かび上がらせていく。

端末で個人の言動がモニターされる管理社会。ネットでのコミュニケーションが主体となり、物理的な人とのつながりが希薄になった近未来。灰色がかったリアリティあふれる世界観を背景に踊るのは鮮やかな非現実。捩じ曲がった大人の醜い欲望と、突き抜けるほどに純粋な少女たち。その均衡が危ういところで採れていて、軽すぎず重すぎず心地よい重量を持っていると思う。相変わらずストーリーの本筋と関係あるんだかないんだかの概念めいた話が、レトリックを駆使して延々展開されページをかさ増ししているが。だがそれがいい。読み応えは抜群だ。


バカだアホだと互いにののしりあう律子と美緒の新コンビはGood。以前は暴走する美緒に元気よく適切な突っ込みを入れられるキャラがいなかったからな。役立たずのレッテルを貼られかけた葉月も、今回は出番こそ少ないものの役には立ってる・・・たぶん。葬式娘こと雛子の、人形のように落ち着き払った仮面から覘く、少女らしい弱さにはギャップ萌えを感じずにはいられない。
そして相変わらず、孤高の狼・歩未が(中二病っぽくて)かっこいい。私のなかで一、二を争うボクっ娘に歩未は認定済みである。ちなみに歩未と頂点を争っているのは天上ウテナ。最近のボクっ娘といえば「IS」のシャルルとか「まよチキ!」のスバル様なんかがいるけど、あれは男装しているが故の一人称なので厳密にはボクっ娘じゃないと思うのだよね。某涼宮ハルヒのキャラは、叙述トリックのために無理やり僕って言わされている感がするし。って話がそれた。

つまりは、ルー=ガルー3は是非ボクっ娘歩未を全力でフィーチャーして欲しいってこと。

ルー=ガルーが刊行されたとき高校生だった私も今では(以下NGワード)。十年越しのシリーズ第二弾だが、期待は裏切られなかった。だから大丈夫、第三弾だって待ってやるさ。だってそういう方向性の続編をほのめかすエンディングでしょ?




『ルー=ガルー2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔』
単行本版
ルー=ガルー2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔ルー=ガルー2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔
(2011/10/14)
京極 夏彦

商品詳細を見る

新書ノベルス版
ルー=ガルー2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔<講談社ノベルス>ルー=ガルー2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔<講談社ノベルス>
(2011/10/14)
京極 夏彦

商品詳細を見る

分冊文庫版
分冊文庫版 ルー=ガルー2 インクブス×スクブス《相容れぬ夢魔》(上) (講談社文庫)分冊文庫版 ルー=ガルー2 インクブス×スクブス《相容れぬ夢魔》(上) (講談社文庫)
(2011/10/14)
京極 夏彦

商品詳細を見る

分冊文庫版 ルー=ガルー2 インクブス×スクブス《相容れぬ夢魔》(下) (講談社文庫)分冊文庫版 ルー=ガルー2 インクブス×スクブス《相容れぬ夢魔》(下) (講談社文庫)
(2011/10/14)
京極 夏彦

商品詳細を見る

電子書籍版
ルー=ガルー2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔 1/2 (ReaderStore)
ルー=ガルー2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔 2/2 (ReaderStore)
紀伊國屋書店BookWebBooksVでも電子版取り扱いあり。


『ルー=ガルー 忌避すべき狼』
ルー=ガルー 忌避すべき狼 (講談社ノベルス)ルー=ガルー 忌避すべき狼 (講談社ノベルス)
(2009/10/22)
京極 夏彦

商品詳細を見る

電子書籍版
ルー=ガルー1 忌避すべき狼 (ReaderStore)



つうか、アレ・・・前作は徳間書店から出てたんじゃなかったっけ。いつの間に講談社に・・・。

六花の勇者 と 11人いる!

2011年10月18日 00:06

近所の本屋で「ルー=ガルー2」を買うついでに見つけて「六花の勇者」と「All You Need Is Kill」を購入。買ってから気がついたけど「六花の勇者」って最近出た作品だったんだね。あと「戦う司書」シリーズの著者だったのね。

「戦う司書」は読んだこと無いけどアニメは見た。事前情報無しに見たもんだから、世界観とか展開とかさっぱりな状態で。
「戦う司書 The Book of Bantorra」はいろいろな意味で裏切られっぱなしのストーリーだった。最初、正義熱血チャクラ使いの男が主人公かと思って見てたんだけど、あんまり活躍しないどころか、途中で組織から逃亡してまったく登場しなくなった挙句、かっこいい見せ場も無くあっさり死亡。キャラクターが惜しげもなく大量に死んでいく、ライトノベル原作にしては予想が付かない骨太でハードな話だったので、「六花の勇者」も一筋縄じゃないストーリーを期待しつつ読んだ。


六花の勇者 (集英社スーパーダッシュ文庫)六花の勇者 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2011/08/25)
山形 石雄

商品詳細を見る


千年前、世界を絶望に陥れた魔神を一人の聖者が封じた。魔神がまた目覚めるとき、聖者の力を受け継ぐ六人の勇者が現れ、魔神を再び封印する。そういう定めになっていた。しかし魔神が目覚めたとき、魔神の復活を阻止すべく集まった勇者は七人だった。全員その体の一部に、勇者の証である六花の紋章を浮き上がらせて。七人のうち誰かは勇者の同士討ちを企む偽者。疑心暗鬼に勇者たちの心が囚われる中、矛先が向いたのは、自称「地上最強の男」アドレットだった。

ピエナ国の姫で世間知らずの「刃」の聖者ナッシェタニア、その姫に忠誠を誓う若い騎士ゴルドフ、新しい神「火薬」の力を宿す聖者フレミー、猫の動きをまねる剣術使いハンス、当代最強と謳われている傲岸不遜なお子様「沼」の聖者チャモ、聖者たちを束ねる万天神殿の長で「山」の聖者であるモーラ。

外に出ることの出来ない結界が張られた森の中で、仲間の勇者達(+偽者)に追われながら、自らの潔白を証明し真の七人目を探しだそうと躍起になるアドレット。偽者の罠のトリックを見破って、仲間に信じてもらうことが出来るのか・・・。



というわけで、「11人いる!」ならぬ「7人いる!」状況のお話。ラノベと一言でくくってしまうのには勿体ないぐらいの正統派ファンタジー。

帯にもあったけど、実は一巻完結じゃなくって新シリーズの幕開けだった。魔神を倒すまでストーリーをどこまで引っ張っていくのか気になるけど、個人的にはまずはこの一冊で十分おなかいっぱいになれる気がする。



それにしても。萩尾望都の「11人いる!」を読み返したくなった。持っていたはずなのに。どこいったんだろう。

「11人いる!」は少女漫画の傑作SFと名高い作品。宇宙大学の入試最終テストは受験生10人一組になって受けるサバイバル試験。だが、主人公タダが乗り込んだ宇宙船には、なんと受験生が11人いた。誰が11人目なのか。出身星系もバックボーンも違う受験生たちは、お互いがお互いを疑いながら、外界から隔絶された宇宙船で所定の試験期間を過ごしていく。そんな彼らに次々とトラブルが襲い掛かり……。試験をリタイアすることなく、受験生たちは無事に試練を乗り越えられるのか。

11人いる! 萩尾望都Perfect Selection 3 (フラワーコミックススペシャル)11人いる! 萩尾望都Perfect Selection 3 (フラワーコミックススペシャル)
(2007/08/24)
萩尾 望都

商品詳細を見る


11人いる! (小学館文庫)11人いる! (小学館文庫)
(1994/11)
萩尾 望都

商品詳細を見る


ってことで、読んだこと無い人には「六花の勇者」と合わせてオススメ。キラキラ少女漫画だけど、それに躊躇していたらもったいない。



にしても。Amazonの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」がおもいっきり例のラノベ100選で占められていて苦笑するしかない。私も人のことを言えたもんじゃないが。

amazon.jpg

MM9 - エムエムナイン -

2011年10月14日 00:10

ずいぶん前に読んだ本だけど、最近続編も出たみたいだし、せっかくだからパラパラ読み返しつつご紹介。

MM9 (創元SF文庫 )MM9 (創元SF文庫 )
(2010/06/24)
山本 弘

商品詳細を見る


地震や台風などの自然災害に加え、怪獣災害というものがある世界(っていう設定を見た段階でシムシティ2000を思い出した)。世界有数の怪獣大国日本。だが甚大な被害をもたらす可能性がある怪獣に立ち向かうのは、アメコミ的ヒーローでもなく、宇宙から来た正義の使者でもなく、カラフルな五人組戦隊でもなく、怪獣対策のスペシャリスト「気象庁特異生物対策部」通称「気特対」、つまりは国家公務員である。怪獣の早期発見、データ収集・観測、被害規模の予測、警報の発令、そしてその撃退方法のアドバイスが主な任務である。気特対は怪獣を迎撃する攻撃手段を持ち合わせていないので、直接怪獣と戦うのは自衛隊ではあるが。

怪獣はその規模にあわせてMM0からMM9までで評価される。MMはモンスター・マグニチュードの略だ。

「怪獣の体積が2.5倍になれば、人口密集地に及ぼす最大の被害は四倍になる」とガスリーは唱えた。怪獣の皮膚の厚さは体積の立方根に比例し、厚くなるほど弾丸は貫通しにくくなる。怪獣を殺すのに必要な累積ダメージは体積に比例する。単位断面積あたりの骨や筋肉の強度は体積の三分の二乗に比例し、地上での移動速度は体積の六分の一乗に比例する。建造物に加えられるダメージの大きさは体積の四分の一乗に関係する……といった要素すべて加味すると、怪獣が人口密集地に侵入した場合、軍に倒されるまでに最大どれだけの破壊を繰り広げるかが求められるというのだ。

(中略)現在は同体積の水の重量に換算したトン数を基準にMMが算出されている。MM0は1トンの水に等しい体積の小型怪獣で、MMが1上がるごとに体積は2.5倍になる。

兵器の殺傷能力が100年前よりも増大したこと、堅牢な高層ビルが増えたことなどにより、現在ではガスリーの法則は成り立たなくなっている。それでもMMは怪獣の脅威を予測する目安として使われ続けている。

数字が一つ上がるにつれ、被害規模は格段に大きくなる、というところは地震のマグニチュードと同じ。怪獣の予想進路等発表しながら警報を出していく様はさながら台風。

数百トンを超える体重の巨大生物は、科学に照らし合わせると己の体重を支えきれないはず。それなのにMM5を超える怪獣達は地上に現れ、二本足で闊歩したりする。怪獣には人類が知っている物理学は通用しない。というのも、怪獣は人間が属する「ビックバン宇宙」とは異なる「神話宇宙」の法則に支配される存在だからである。

そんな人知の及ばない怪獣相手に日々奮戦する気特対。彼らの前に、一糸まとわぬ少女の姿をした怪獣(テレビ中継はモザイク付き)が現れたり、怪獣を使ったテロを企てる組織の存在が明らかになっていったり……。そして観測史上最大、伝説級のMM9怪獣が日本で目覚めてしまう。

怪獣に有効な必殺技を持つわけでもなく、ヒーローのような華々しい活躍をするわけでもなく、愛と勇気だけで人類が救えるわけでもなく。マスコミからの批難にさらされながらも、懸命に仕事をこなす命がけの現場、責任という重圧に耐える本部。SF的理屈付けに人間ドラマをおり混ぜたリアリティあふれる怪獣モノ。災害を扱った作品をエンターテイメント小説と称するのにいささか抵抗はあるが、己らの力の限界を知りつつも、人を助けるため困難に立ち向かう隊員たちの姿には励まされるものがある。そしてラストに示唆されるこの世界のひとつの可能性。なんかもうわくわくが止まらない。


特撮モノを題材にしたSFには昔紹介したΑΩもある。MM9と切り口が全く違っていて比べてみるのも面白いかもしれない。

そういえばMM9は去年連ドラ化されたそうだが、全くノーチェックだった。DVDででも見てみようかな。


山本弘のほかの作品:
神は沈黙せず



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。