--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子書籍ストア

2011年10月08日 14:48

電子書籍リーダーSony Readerを購入したい気持ちがだんだん高まってきている。
でも実際Readerでなに読もう?ってことでちょっと事前に調べてみた。

まず、Readerで読める形式は、

電子書籍:配信コンテンツ(.mnh) *3、XMDF (.zbf)、ドットブック (.book)、EPUB (.epub) *4、PDF (.pdf) *5、Text (.txt)

がある。.mnhは著作権保護(DRM)有りのXMDF形式。Sony Reader Storeで買った本は、著作権保護されているので、Sony Reader本体でしか読めない(FAQ)、らしい。

DRMなしのXMDF形式(.zbf)なら、ほかの電子書籍ストアで取り扱いがある。たとえば電子書籍パピレスビットウェイブックスPDAbookBooksVなどなど。ただ、配信している形式は.zbfだけどは限らないので注意が必要か。
最近電子文庫パブリhontoはDRMフリー版が無くなって、Readerで読めなくなったそう。残念極まりない、というかむしろ大変遺憾である。

.bookでDRMフリーのものならReaderでも読めるそうだが、最近はストリーム配信が増えてきているので、対応していない場合があるらしい。正直、.book形式に関しては調査不足でよくわからなかった。コミックスはこの形式が多いとは聞くが。

自炊するならPDFとか(.lrf?)にすればReaderで読める。あと、JコミのPDFも読めるね(もっとPDF増えて欲しいなぁ)。

青空文庫も.txtで読めるはず(ルビには対応していなさそうだけど、自分でpdfに変換すればいい?もしくはXMDFで無料公開しているただ読み.NET)。それから英語圏の青空文庫のようなのも読めるよね。Project GutenbergManyBooks.netとかとか。


ふう。ここまでですでにもうややこしいけど、つまり、電子書籍を買うなら著作権保護なしのXMDFが狙い目ということだと思う、きっと。

以前ラノベのリストを作ってみたので、まずはこの中から電子書籍化されているものを探してみた。だが、これがやけに骨だった。まず、各電子書籍ストアでは、品揃えが結構違う。値段も微妙に違ったりする。たとえば、ガガガ文庫はパピレスだとなぜか少し高めの値段設定。PDAbookには角川スニーカー文庫があるけど、MF文庫は無い。などなど。ちなみに電撃文庫、富士見ファンタジア文庫は一切無し。(富士見ファンタジア文庫はkinoppyに登場か? 12/9追記)
私個人でモニターしているライトノベルの取り扱い状況はこちら

あああ、電子書籍横断検索サービスが欲しい。まあ一応あるみたいなんだけど、対応しているブックストアがまだまだ中途半端なんだよう。

ダ・ヴィンチ電子ナビ (eBookJapan、電子貸本Renta!、電子文庫パブリ、AppStore)

BOOK asahi.com (電子書店パピレス、電子文庫パブリ、eBookJapan)

読むナビ (Amazon Kindle Store、eBookJapan、FRANKEN(PC)、iBookstore、Impress Direct、iTunes App Store(AXEL MARK INC.)、iTunes Store、Medical e-hon、Science Book Club、Shincho LIVE!、インターネットメディア総合研究所、でじじ、ネペンテス・ブックス、ビットウェイブックス、ポシブル堂書店、ラブコミ、学研電子ストア(iTunes)、電子書店パピレス、電子貸本Renta!、Voyager Books(理想書店、altbook、東洋経済新報社、グーテンベルク21)、BookLive!、GALAPAGOS STORE)


今後、いろんな電子書籍ストアを網羅してくれるようになることを大いに期待するしかない。



いろいろ眺めていると、ついつい買ってみたくなる。
そこで思い出したのが、NetWaklerの存在。そういえばこいつは、電子書籍リーダーとしても使えるっつうのが売りだったよな、と。早速シャープサポートサイトから電子ブックリーダーをインストールし、PDAbook.jpでXMDF書式の『サクラダリセット』をPCで購入、USBに保存してNetWalkerへ。問題なく読めた。すばらしい。

ところで、当時電子書籍リーダーとしても売りだしていたNetWalkerだったが、なんと9/30をもってNetWalkerライブラリーという電子書籍ストアサービスを終了していた(同じくシャープが運営するSpaceTownブックスも同日終了)。シャープはGALAPAGOS STORE一本に絞ったみたいだが、なんだかなぁ、である。


なにはともあれ、ますます近日発売のSony Reader WiFi 6型を待ち焦がれる気持ちが募ってきたぞ、と。
スポンサーサイト

netwalker

2010年03月13日 21:46

おひさしです。
気がついたら今年ももう四分の一ほど過ぎ去っています。今年は年始にwiiを買ってしまった弊害で、ぜーんぜーんSFとか読めていません。でもようやくwiiに入れ込んでいた熱も覚めてきました。

大神は爽快なアクションとハイブリッド昔話が新鮮でかなり良かった。やり込み要素も適度にあって。wii持っててゼルダの伝説ライクなゲームが好きな人に是非おすすめしたい。

王様物語は国民の犠牲に心が耐えきれず中断中。だって一人一人に名前がついているから余計に...傷つき死亡していく彼らをみたら強硬進軍とか無理っ。音楽がクラシックなのは別にいいけど、超有名どころの選曲ばっかりで飽きがくる。どうせだったらそんなに知名度が高くないけどいいクラシックの曲を織り交ぜて欲しかった。

オプーナはおもしろそうだし、絵柄も好みなんだけど...3D酔いがぁ。一体どこの世界に一階ごとに乗り継がなきゃいけないエレベーターがあるというのだ。そのせいでぐるぐる視点をかえないといけないし。酔いと戦うために体調のいい時に少しずつ進めるしかない。


と、そんな感じで一旦wiiは小休止しているのです。やっぱ歳なのかな、昔みたいにゲームにのめりこまなくなったみたいです。

んで、こんどは新しいおもちゃを手に入れました。決算ボーナスが出るという噂を聞きつけて、購入してしまったSharpのウルトラモバイルPC Netwalker PC-Z1J。数あるネットブックの中でその小ささが異彩を放っていたのに惚れ込んでしまいました。大きさは文庫本と同じぐらい。見た感じパソコンと言うより電子辞書。無線LAN内臓。OSはUbuntu。広辞苑・英和和英辞書などが収録された専用SDカードをつかえば電子辞書としても使える。電子ブックリーダーとしも使える。バッテリはスペック上10時間持つ。

http://www.sharp.co.jp/netwalker/


最初発売されたのが去年の秋なので、いまさら、って感じがするけど、一昨日うちに届いてからずっといじくり回しています。自分で加えた変更点とか気がついた点とかはこんどまた別エントリーで書きたいですね。ちなみにこのエントリーはnetwalkerから書いてます。キーボードが電子辞書なみに狭くなかなか打ちにくいので、右と左両方合わせて指5本で打ってます。普通のキーボードでも指8本ぐらいしか使ってないからあんまり違和感はないけど、やっぱし打ち間違いの頻度は低くはないです。もうちょっと自在に使いこなせるようになったら、コイツで電子書籍読んで時と場所を選ばずブログの更新ができるようになる、予定です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。