--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイム・リープ あしたはきのう

2007年02月20日 18:33

SFには色々なモノがある。タイムトラベルモノとか、宇宙人(ファーストコンタクト)モノとか、未来モノとか、ロボットモノとか、そういう風に大きく分類することができる。

この中では、タイムトラベルモノはなかなか地味っぽい(私の偏見)。タイムトラベルに限っては、大抵の場合収まるところに収まるだろうというのが見えちゃうからかな。もちろん、その型を破ったタイムトラベルモノもあるけど。

例えばブラッドベリの『雷のような音』。最初読んだときはバタフライ効果スゲーと思ったけど、よくよく考えると歴史はそこまで変革されていない。むしろズレがピンポイントで現代に現れてたのが奇妙といえば奇妙。いやでもまったく違う世界に投げ出されるより、その微妙にずれた世界のほうが怖いのか。

あと誰のなんて言う作品だったか忘れたけど、どんどんどんどん時間を遡って、宇宙の始まり近くまで来て、収縮された時空の一点に意識を集中させたら…。っていうとんでもないSF短編もあったな。三色の何か(素粒子?)を使って三回まで過去を変えるチャンスがあるっていう設定。詳細が思い出せないので情報求む。[2007/2/24 19:58追記 ルーディ・ラッカー『時空の支配者』コメント欄参照]

短編だと奇想天外なアイディアで意表をついたオチが楽しいが、長編はそうもいかない。どちらかというと、タイムパラドックスのつじつまあわせとか、物理法則に矛盾しない説明とか、そういうのが綺麗に纏め上げられているかどうか、がポイントになってくるような気がする。


高畑京一郎の『タイム・リープ―あしたはきのう』は、一週間の中を意識だけが行ったり来たりして時間を跳び越えてしまう女子高生のストーリー。混乱から始まって最後に収まるところに収まっていく過程にワクワクさせられる小説だ。

タイム・リープ―あしたはきのう (上) / 高畑 京一郎
タイム・リープ―あしたはきのう (下) / 高畑 京一郎

月曜日だと思って学校に行ったら、火曜日の時間割りだった。なぜ月曜日の記憶がないのだろう。記憶喪失にでもなったのか、それとも自分の中に違う自分がいるのか。不安なまま帰宅した翔香は月曜日の日記に、自分の筆跡で書かれたメッセージを見つける。クラスメイトの若松和彦に相談しろ、と。

水曜日、翔香は和彦に自分の身に降りかかった出来事を話すが、肝心の和彦は何も知らなかったし相手にもしてくれない。しかし翔香がその後何回か時を跳び越え、その証拠に未来を予言して見せると、この現象の解明に和彦は協力してくれるようになる。はたして何が原因で翔香はタイム・リープするようになってしまったのか。翔香は普通に時を過ごせるようになるのだろうか…。


翔香が行うタイム・リープは、精神だけの時間移動である。つまり、翔香の身体は途切れることなく時間の流れ沿って存在しているのに、翔香の意識だけがぽんぽん跳んでいるのだ。危機を感じると安全な時間を求めて跳び、自分が無事だったことが分かると元の時間に戻ってくる。そういうメカニズムらしい。

跳んだときにできる時間の空白が、後でその時間に戻ってくることによってパズルのピースがはまるように、ぴったり埋まっていくさまが快感である。最初のピースと最後のピースが繋がって完成した図は、きちんと枠に収まっていて見事としかいいようがない。

和彦がかっこよくて、頭が良くて、運動も出来る、けれど女を寄せ付けない雰囲気を纏う反則的なキャラだったり、その和彦と翔香があれやこれやあってなーんかいい感じになってしまうあたりがいかにもライトノベルだけどね。


ちなみに『あとがきがわりに』と題された文章には、さらに未来の和彦が登場する。最後に編集者のツッコミが入っているので、高畑京一郎のおふざけかと思いきや、もとネタはデビュー作である『クリス・クロス』らしい。これはいずれ読んでみたい。

関連:
サマー/タイム/トラベラー関連作品 
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。