--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PDAbook終了

2015年10月31日 23:53

DRMフリーのxmdf形式電子書籍を販売していたPDABOOKのサービスが11/30で終了してしまう!
小学館のライトノベルとかは比較的そろうし、茅田砂胡のファンタジーも。最近は更新が少なかったから、仕方ないかもしれないけど、とても残念。掘り出し物を見つけるのなら、今のうちかも。

pdabooks.jpg
スポンサーサイト

吉川英治 『三国志』 for Sony Reader

2013年09月11日 00:42

そもそも、宮本武蔵を読み始めたのは、青空文庫に三国志が来るまでのつなぎだったりしたわけで。そして、三国志を読みたいと思っていのは、某ソーシャル三国志ゲームにちょっとハマっていたからなので。

曹操や諸葛亮、関羽ぐらいなら名前を聞いたことがあったものの、夏侯惇、郭汜、呂蒙、張郃、董卓、公孫瓚、龐統、司馬懿、袁紹とかなんて、何をした人なのかどころかなんて読むのかすらわからない。これはいっちょ三国志を真面目に読むか、と思っていたわけだ。そして某ブラウザゲームにすっかり飽きた今ようやく、青空文庫に吉川英治の三国志が公開されはじめた。

第一巻の『桃園の巻』は昨日青空文庫に登場。

今後の公開予定はこんな感じらしい。
群星の巻  2013-09-13公開
草莽の巻  2013-09-17公開
臣道の巻  2013-09-21公開
孔明の巻  2013-09-25公開
赤壁の巻  2013-09-29公開
望蜀の巻  2013-10-03公開
図南の巻  2013-10-07公開
出師の巻  2013-10-11公開
五丈原の巻 2013-10-15公開
篇外余録  2013-10-19公開

最終巻まで一か月以上ある・・・。

とりあえず、桃園の巻をSony Reader用にepub化。アップローダーに置いてみた。
[吉川英治] 三国志(一) 桃園の巻.epub
どうせまとまった時間は取れないから、ちまちま読み始めるかな。


吉川英治の宮本武蔵をepub化したものもこちらから。

epub化するにあたってAozoraEpub3を使用させていただきました。ありがとうございます。



追記
全部そろったので、ひとまとめファイル他作成しました。

Sony Reader用epub
全巻ひとまとめepubファイル
個別ファイルepubセット(zip)

上のzipに入っているもの
[吉川英治] 三国志(一) 桃園の巻.epub
[吉川英治] 三国志(二) 群星の巻.epub
[吉川英治] 三国志(三) 草莽の巻.epub
[吉川英治] 三国志(四) 臣道の巻.epub
[吉川英治] 三国志(五) 孔明の巻.epub
[吉川英治] 三国志(六) 赤壁の巻.epub
[吉川英治] 三国志(七) 望蜀の巻.epub
[吉川英治] 三国志(八) 図南の巻.epub
[吉川英治] 三国志(九) 出師の巻.epub
[吉川英治] 三国志(十) 五丈原の巻.epub
[吉川英治] 三国志(十一) 篇外余録.epub

吉川英治 『宮本武蔵』 for Sony Reader

2013年08月25日 12:02

しばらく関東のほうに出張している間、吉川英治の『宮本武蔵』を読み終わった。電車通勤だと読書ができてよい。

自分がSony Readerで読む用に青空文庫のテキストをepub化したものを、試しにアップローダーに置いてみた。
だけど、やっぱりSony Readerからはファイル形式が対応していないとかでダウンロードできなかった。
パソコンから転送するしかない、か。

『宮本武蔵』ひとまとめepubファイル(序+7巻)

各巻個別のファイルも一応作った。
地の巻
水の巻
火の巻
風の巻
空の巻
二天の巻
円明の巻
ひとまとめファイルが大きすぎてReaderで開けない時のため用だったけど、ひとまとめファイルに改ページこまめに入れたら問題なさそうだった。

青空文庫の元ファイルはこちらから。epub化するにあたってAozoraEpub3textMerge.batを使用させていただいた。ありがとうございます。

ほうかごのロケッティア

2012年05月20日 20:39

女の子の願いを叶えるため冴えない高校生達がロケットを自作し、衛星軌道に乗せるために奮闘する。と書くとド直球な青春物語に聞こえるが、そんなにむず痒くはない。電波・オタク・中二病ネタ満載で古傷が疼いて痛くはなるかも。

ほうかごのロケッティア (ガガガ文庫)ほうかごのロケッティア (ガガガ文庫)
(2009/12/18)
大樹 連司

商品詳細を見る


電子書籍版(挿絵なし廉価版)
[Sony Reader Store][Kinoppy][PDABook][Raboo]

東京都から南下したところにある太平洋の孤島、イトカ島。そこの私立イトカ島学園高等学校には、日本全国から落ちこぼれやワケありの生徒が集ってくる。古い人間関係を捨て、新しいスクールライフを送るために。

電波なオタクだった褐葉貴人は、そんな過去を封印し、今はクラスのお調子者としての居場所を確保していた。表向き平穏な日々を過ごす彼の前に、美少女転校生久遠かぐやが現れる。実はかぐやは、以前褐葉が心酔し、中二病な手紙をひたすら送りつけていた覆面アイドル歌手だったのだ。おまけにアイドルから転落した彼女は「地球から脱出できなくなった宇宙人をロケットで送り帰してあげたい」という電波な使命に燃えるようになっていた。過去をばらすと脅され、褐葉はかぐやに協力する羽目になる。となり町の都立イトカ実業高等学校のロケット部(部員三人)と島工場の頑固職人爺さんを仲間に引き込み、褐葉たちは本物のロケット作りに没頭する。

最初はロケット花火に毛が生えた程度のものだったが、試作と改良を繰り返し、どんどん高く遠くにその記録を伸ばしてゆく。困難と挫折と法律を乗り越え、彼らはロケットを宇宙に届かせることができるのか…。


元電波男と現役電波女のボーイ・ミーツ・ガール物語。非リア充というか落ちこぼれた若者たちの再生。宇宙に挑み続けるロマン、ロケットにかける青春。ロケット打ち上げのクライマックスは胸にこみ上げてくるものがあったし、エピローグも良い後日談(そして数年後)だった。ロケットを飛ばす、ということがただの青春物語のための手段に終わっておらず、むしろロケットがこそが主役なのだ。市場飽和しているツンデレヒロイン亜種も雑多なパロディネタも過剰な味付けに過ぎないのかもしれない。


作中ではロケットに関連にとどまらず、かなりいろいろなネタがちりばめられている。ロケット研究部員たちが崇拝する「王立宇宙軍 オネアミスの翼」はタイトルが出てきているから良いものの、

スペースデブリをひとつ増やすだけだ。半世紀後にユーリ・ミハイロコフの奥さんをぶっ殺すぐらいの役にしか立たない。

とかあって、プラネテスを知らない人にはユーリってどこのだれだかさっぱりだろう。
私はガンダムには疎いのでガンダムネタは断片的にしかわからなかったし、ほかにもスルーしたモジリやパロディネタはきっとたくさんある。

そんなわけで「ほうかごのロケッティア」は読む人を選ぶかもしれない。まあ、ガガガ文庫という時点で十分選ばれた人たちが手にするとは思うけど。


王立宇宙軍 オネアミスの翼 [DVD]王立宇宙軍 オネアミスの翼 [DVD]
(2009/12/22)
森本レオ、弥生みつき 他

商品詳細を見る

デルフィニア戦記 ~ 暁の天使たち ~ クラッシュ・ブレイズ

2012年05月12日 14:24

長かった。
年始にスカーレットウィザードを読み終わって、関連シリーズに手をつけ始めて四か月半。
ようやくクラッシュブレイズシリーズの最後まで読み終わった。

  スカーレット・ウィザード 本編全5巻 + 外伝1巻

  デルフィニア戦記 本編全18巻 + 外伝2巻

  暁の天使たち 本編全6巻 + 外伝2巻

  クラッシュ・ブレイズ 全16巻

というシリーズ全部あわせて50冊をずっとちまちま読んできた。
暁の天使たちを二月中に読んでいたことを考えると、クラッシュブレイズでどんどん失速していったのがわかる。笑

電子書籍版(茅田砂胡検索結果)
[Sony Reader Store] [Kinoppy] [PDAbook] [ビットウェイブックス] [Raboo]

「スカーレット・ウィザード」は以前ブログに書いたとおり、ぶっとんだ奴らに引きずられるように読めた。

「デルフィニア戦記」は舞台はがらりと変わり中世ヨーロッパを意識したようなファンタジー。陰謀により国を追放された若き王ウォルが出会ったのは異世界から迷いこんだ少女の姿をしたリィ。のちに戦女神と称えられることになるリィの協力によって、ウォルは王座を奪還し戦乱の世を治めていく。長いシリーズなので中だるみを懸念しつつも、基本的には楽に全部読めた。シェラかわいいよシェラ。

相棒ルウの迎えによってデルフィニアから自分の元いた世界(共和宇宙)に戻ってきたリィが、復活したケリーとジャスミンと出会い共闘する話が「暁の天使たち」。久しぶりにの海賊&女王コンビが楽しみでワクワク。

「クラッシュ・ブレイズ」は、両シリーズのキャラによる豪華共演の一巻完結もの。一巻完結なので、勢いはそがれた感じ。単品としてはそれなりに面白いけど、次の巻を読まねば感が薄れてしまっているのでシリーズを読み終えるのに時間がかかった。全体的にスケールも小さく、せっかくのぶっとびキャラが生かされていないような気も。誘拐事件や殺人事件に偶然巻き込まれ、規格外の主人公たちが力技で解決していくっていうプロットにはちょっと食傷気味。両シリーズのキャラを登場させるためにご都合主義満載&お互いにお互いを頼り過ぎ。最終巻まで読んでも、とくにエンディングっぽくないので、味気ないし。

このあと「天使たちの課外授業」シリーズに続くみたいだけど、そっちもクラッシュ・ブレイズと変わらず天使たちin学園っていう構成になってるらしく、続けて読むかどうかが悩みどころ。しばらく様子見かな。


新書サイズで50冊もそろえるとなると相当場所を取るが、電子書籍版ならその心配をする必要がない。出かけ先で一冊読み終えちゃって続きが気になって悶々とするはめになる心配もない。電子版だと紙の本よりちょっと安いし(一冊あたり約300円安い、・・・とするとなんと50冊分だと15000円も差が!?)。なんか電子書籍の恩恵を受けている感全開で、そういう意味でかなり満足。

だた惜しむらくは、私が買った電子書籍版はモバイルに最適されたxmdfファイルだったので、表紙に絵が付いていなかったこと。あとがきで作者が「素敵な表紙」と言っているのを見ることができないのはちょっと残念だったかな。だから自己満足のために下記に表紙画像つきで各巻リンクを貼らしていただく。それも画像サイズ大で。邪魔になると思うので続きを読む、に入れておくけど。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。