--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タウ・ゼロ

2010年11月28日 23:04

宇宙の誕生について「ビックバン」というモデルがある(あった)。(SF好きには釈迦に説法になってしまうが)1948年に提唱されたこの宇宙誕生のモデルは、要するに宇宙の始まりは小さい火の玉みたいなもので、そこから宇宙そのもの広がって今の形になったという説だ。もし宇宙の質量が一定量より小さければ宇宙は永久に広がっていく。もし質量が一定量より大きければいつか宇宙はまた一点に戻ってくる。ビックバンに対してビッククランチと呼ばれるその場合、収縮と膨張を繰り返すことになる。
ただ実際にはビックバン説では今の宇宙のこと(平坦性などの問題)を説明しきることは出来ないとされている。そこでインフレーションという指数関数的な膨張があったのではないか、というビックバンを補完する理論が1981年に提唱された。宇宙が始まって10^-36秒から10^-33秒の間で少なくとも10^78倍になったとする宇宙論だ。
宇宙のもっとも初期についてはまだまだ解明されていない。それどころかインフレーションの前の状態をそもそも今の物理学では説明できないのだ。

大学で宇宙物理学をちょっとかじったけど、大半忘れたし宇宙論は年々進歩しているし、説明も面倒いい加減なので、きちんとした説明は専門的な本とか読んでみてほしい。


小難しい話はさておきポール・アンダースンの『タウ・ゼロ』である。


タウ・ゼロ (創元SF文庫)タウ・ゼロ (創元SF文庫)
(1992/02)
ポール アンダースン

商品詳細を見る



世界各国の優秀な男女25人ずつを乗せた星間探検船<レオノーラ・クリスティーネ号>は32光年離れたおとめ座ベータ星第三惑星を目指して地球を後にした。もしその惑星が居住可能なら彼らは最初の移民として子を成し永住して生活していくことになる。資源と空間が限られている船内で徐々にたまっていくフラストレーション。男女の問題。

・・・そして重大なトラブル。船が小さな星雲を強引に突っ切った結果、減速システムが破壊されてしまったのだ。亜光速で飛び続ける<レオノーラ・クリスティーネ号>は宇宙空間の水素との衝突を避けるための電磁流体力場で覆われている。船外活動で減速システムの修理を行う為には力場を切る必要があるが、バリアがなくなった船は水素原子の衝突で放出される致死量に十分すぎるほどのガンマ線にさらされることになる。加速することしか出来ない棺桶で希望を失い自暴自棄になる船員たち。そこに提示される唯一の希望。つまり宇宙のガスを利用して加速し続けタウをゼロに近づけ(注1)、船内時間にして数年かけて銀河団、超銀河団の外に飛び出し、水素の存在する確率が極めて低い高真空で減速システムの修理をするのだ。

減速する目的でひたすら加速する<レオノーラ・クリスティーネ号>。光速に限りなく近づき、地球時間で何十億何百億年という時間が過ぎた。もはや地球も太陽系も消え去ってしまっただろう。そして、加速し続けた船についに「宇宙の死(収縮)」が訪れていた。



なんというスケールのデカさ。なんという極限状態。なんという絶望。

そしてあまりにも大きすぎる困難を乗り越えていくために、不屈の意思を持って、運命を共にする人々の団結を促す護衛官レイモント。彼の孤独な戦い。人間の弱さと強さ。

ハードSFの金字塔と評される本書は、ハードSF成分と人間ドラマがよい具合に融合している。まさに読み応えは抜群。宇宙の果てに挑む壮大なスケールに圧倒されてほしい。


インフレーションを含む現在主流の宇宙論からすればありえないと思ってしまうが、本書が1970年(正確に言うと原型である短編は1967年)に発表されたことを踏まえれば、驚くことしか出来ない。とまあ、私なんかがこの小説の科学的な側面を評価してもしかたないないだろうから、詳しいところは金子隆一氏による解説を是非。




注:タウ(τ)について。
小説内でも説明があるが、τは√(1-v^2/C^2)で定義される。vは物体の速度、Cは光の速度。もしvが古典力学の範囲であればタウは1に近いが、光速に近づくにつれ0に近づく。τは浦島効果(早く動いている時計は遅れる)やローレンツ収縮(早く動いているものが縮んで見える)の係数になっている。ここらへんの詳細は特殊相対性理論の解説の類をどうぞ。
スポンサーサイト

月に呼ばれて海より如来る

2010年11月27日 22:23

いつもの長門さんセレクションより。

月に呼ばれて海より如来る (徳間文庫)月に呼ばれて海より如来る (徳間文庫)
(2001/07)
夢枕 獏

商品詳細を見る


作者は夢枕獏。良く作者名は見かけるのだが、今回の『月に呼ばれて海より如来る』が私にとっての初・夢枕獏作品となった。

物語は吹雪のなかのテントから始まる。大学時代の山岳部仲間とヒマラヤのマチャプチャレに挑んだ麻生は中腹キャンプで足止めを食らっていた。信仰の対象となっているマチャプチャレの頂は、未だ人が足を踏み入れた事がない聖域だ。止まない雪と雪崩と高山病に襲われ仲間を失いながらも、なお頂上を目指した麻生。そこで目にしたのは、アンモナイトの化石と、巨大なオウムガイの螺旋だった…。

手足の指を凍傷でなくしたものの、奇跡的に命は助かり日本に戻ってきた麻生は、オウムガイに興味を持つ。完璧な螺旋を持つ生きた化石オウムガイ。進化の果て突如滅び去ったアンモナイト。二つの種の明暗が別れたのは何故なのか。
オウムガイの神秘に迫る麻生を監視する「ある人」の目的はなんなのか。全ての謎を残したまま第一部は幕を閉じる。

第二部は舞台が変わって、人食い熊を追う猟師の物語となるのだか、こちらは途中(冒頭)までしか収録されていない。

本書のあとがき(1999年)によると、「月に呼ばれて~」は現代編、江戸編、未来編の三部作構想であるとのこと。また他の作品の執筆で忙しいから続きはあと十年くらいしないと書けないとのこと。
2010年現在まだ続編は出ていないらしいが、『混沌の城』という別の作品が第三部的な性格を持っているということだ。

夢枕獏は未完のシリーズを多数抱えている作家なので、期待せず待つしかない。

この作品は「宇宙とは何か」という夢枕獏風の問いである。問いであるからして、中途半端に完結させられてしまうより、謎のままでもいいかとも思う。

エイリアン刑事 & 20億の針

2007年09月30日 14:05

大原まり子の小説「エイリアン刑事」。エイリアン刑事。刑事と書いてデカと読む。「スケバン刑事」とか「ドーベルマン刑事」とかそんな感じで。ちなみに何故刑事のことをデカと呼ぶようになったかというと、明治時代の刑事は角袖(和服)をきていたので、角袖を逆さから読んで「でそくか」→縮めて「でか」。あーなるほど、と素直に頷けないまどろっこしさがあるよな。

それはさておき。エイリアン刑事。宇宙人が刑事なんだろうな、とそれだけの情報量しかないタイトルだけど、作者が大原まり子なので、単純な刑事モノではないのだろうと推測。冒頭の謝辞に、ハル・クレメントの「20億の針」と映画「ヒドゥン」にインスパイアされて書いた、とあったのでせっかくだから本棚に3年近く眠っていた「20億の針」と同時進行で読むことにした。

エイリアン刑事(デカ)〈上〉 / 大原 まり子

エイリアン刑事(デカ)〈下〉 / 大原 まり子

20億の針 / ハル クレメント


両作品とも要するに、寄生型の宇宙人犯罪者<ホシ>が地球に逃げ込んできて、それを追う同じ種族の捕り手が、寄生した人間と協力して犯罪者<ホシ>を捕らえようとする、というのが大筋。


「20億の針」ではホシと捕り手が地球の海に不時着する。捕り手は近くの島にいた少年の体に入り込み、人の言葉を覚える。ホシの足取りを掴むのに、宿主である少年とコミュニケーションをとって協力を仰ぐ。そして二人で推理をし、島民の様子を窺い、ホシが寄生した人間を特定していく。刑事と犯罪者の、罠の張り合い、騙しあい、息を飲ませぬスリルとサスペンス、というような要素はあまりなかった。どっちかっていうと、島の少年達ののびのびとした自由な毎日を垣間見ることが出来るので、雰囲気としては「十五少年漂流記」みたいだな、と思った。寄生宇宙人も、なかなか脆弱な存在で、宿主の体の外だとあまりにも無力である。宿主の体中でも、実はあんまりすごくないけど。宿主の肉体を自由に動かすことすら出来ないわけだし。


一方「エイリアン刑事」にでてくる寄生生物は何でもありだ。宿主の筋力を増強したり、反射速度を上げたり、代謝を高め肉体を若返らせたりできる。舞台は近未来のトオキョウ。地球に逃げてきたホシは寄生する人間を乗っ取り乗り換え乗り捨てて、トオキョウのマフィアのボスの体を手に入れる。宇宙からの刑事ラスは、強盗に襲われ意識不明におちいったトオキョウの刑事レイの体に侵入。レイが意識を取り戻さない間に、レイの同僚の女刑事アキとなんかいい感じに。そこにレイも復活し、よくわからない種族を超えた三角関係を構築。クローン、コールドスリープ、アブノーマルな愛、殺し合い娯楽ショー、などの大原まり子お得意(?)のぐちゃぐちゃした社会をバックグラウンドに、愛の力でレイたちはホシとその最終宿主であった大犯罪者ハシムドを撃破する。

確かに話の型は「20億の針」を踏まえているが、「エイリアン刑事」は全く方向性が違う。全面的に大原まり子調だし、エンターテイメント性が高い。単純に比べてしまった場合、「エイリアン刑事」の方が迫力がある。

それぞれの作品に続編があり、「20億の針」は「一千億の針」、「エイリアン刑事」は「エイリアン刑事2」に続いている。


もし、友好的な寄生型宇宙人と共生することになったら。私はアレルギー性鼻炎を止めてもらいたい。あ、あと、人前でお腹がぐーぐー鳴ってしまうのも止めてくれると大変助かるなぁ。


関連:大原まり子

昭和歌謡大全集

2007年07月18日 17:30

昭和歌謡大全集 昭和歌謡大全集
村上 龍 (1997/01)
集英社

この商品の詳細を見る


またまたタイトルからは内容が想像つかない小説。というか小説だということにすら気がつかない可能性がある。作者は村上龍。1994年刊行。

裏表紙のあらすじ。
孤独なコンピュータおたくの6人グループのひとり、スギオカは、刃渡り20センチの山岳兵用ナイフをジーンズのベルトにさし、白昼の街に。尻を突き出して歩くおばさんの喉にナイフを押し、水平にひいた。ミドリ会という名のおばさんグループのひとり、ヤナギモトミドリが死んだ。ふたつのグループの殺しの報復合戦を、「恋の季節」「星の流れに」「チャンチキおけさ」等々昭和の名曲をバックに描く。

私は昭和の終わりのほうの生まれなので、物心がついたのは平成に入ってからだった。だから、作中に出てくる「恋の季節」「星の流れに」「チャンチキおけさ」「有楽町で逢いましょう」「港が見える丘」「錆びたナイフ」「アカシアの雨がやむとき」「骨まで愛して」「いつでも夢を」「また逢う日まで」という昭和の名曲の数々を私は知らなかった。とりあえず雰囲気を掴むためにyou tubeでいくつか探して聞いてみた。

チャンチキおけさ
http://youtube.com/watch?v=ijAn1ylxbK8

有楽町で逢いましょう
http://youtube.com/watch?v=WFUYA6COHus

アカシアの雨がやむとき
http://youtube.com/watch?v=DA93fRDHbVs

さすがyou tube。便利な世の中になったものだね。三曲続けざまに聞いて、気分はどっぷり哀愁漂う昭和時代。そんでもってやっぱり昭和は私にとってプチ異世界なんだなと再認識。昭和生まれと一口で言っても、世代の差は大きい。

さて、そんな昭和の名曲が背景に流れる中で繰り広げられるのは、いささか不快かつお馬鹿な復讐劇。どうしようもない若者達が、これまたどうしようもないおばさん達と殺し合う。報復の手段がエスカレートしていくさまは、馬鹿馬鹿しいとしか言いようがない。こういう馬鹿らしさは嫌いではないけどね。

やや卑猥な表現やグロめの描写があるので、苦手な人はご注意を。

長門有希の100冊のセレクション基準に関する謎がまたひとつ深まってしまったな。

涼宮ハルヒについて大いに語る。その七。

2007年02月11日 02:43

涼宮ハルヒの陰謀 涼宮ハルヒの陰謀
いとう のいぢ、谷川 流 他 (2005/08/31)
角川書店

この商品の詳細を見る



『涼宮ハルヒの陰謀』はメインが二月の話であるからして、つまりは今頃だ。ついでに言うと現在公式サイトでも『陰謀』関連のネタが仕込まれている。なんかタイムリー。

節分。今年は実に数年ぶりにやった。下手したら中学生以来かもしれない。実は私は節分の豆が好きである。あの自然そのまま素材の味が気に入っている。だから節分の時期になると数え年以上の豆を結果として食べてしまう。おまけに食べる豆が減るのがもったいないので、撒く豆は最小限に抑えるのだ。部屋の中に撒く分はテーブルに転がす程度にして、後で回収して食べてしまう。節分から数日は、豆が私のおやつとなる。
小学生の頃、豆まきの翌日が楽しみだった。通いなれた通学路に豆が落ちているからだ。道路に落ちている豆を数えて歩くのが好きだった。

最近は恵方巻きとか言って、太巻きを食べるのだと聞く。これは私が日本を出てから浸透したらしい。よって私はこの新しい風習をやったことがない。親に聞くと、クリスマスケーキ並みに予約を取るところがあるという。想像がつかない。


さて、ハルヒの話に入ろう。

長編である。いろいろなことが起きる。

まずは過去に戻って「消失」で変革された世界を元に戻す。
節分の日にSOS団で豆を撒いて太巻きを食べる。
数日後に朝比奈さんが未来からやってくる。
何も知らない未来の朝比奈さんを長門の家にかくまってもらうことにする。
三人でレトルトのカレーを食べる。
未来の朝比奈さんと指令に従って缶のいたずらをする。
未来の朝比奈さんを双子の妹のみちるだと偽って鶴屋さんに預ける。
キョン、古泉に待ち伏せされる。
未来からの指令で山の石を動かす。
SOS団が鶴屋家の地図をもとに宝探し。
ご無沙汰だったSOS団による市内パトロール。
途中で未来の朝比奈さんと合流し、記憶媒体を探す。
なんか未来から来たっぽい男に先回りされる。
次の日もまた不思議探しパトロール。
未来からの朝比奈さんと合流して亀を投げる。
未来からの朝比奈さんがさらわれる。
古泉の組織が朝比奈さんを奪還してくれる。
朝比奈さんを未来に返す。
山中宝探し第二弾。
朝比奈さん(大)にあって説明を求める。
SOS団主催のイベント最中に朝比奈さんを急いで過去に送り出す。

とまあ、てんこもりである。


ここで前々回『雪山症候群』で古泉の言うことを信用する気がないとか書いたが、『陰謀』では長門さんが古泉の解説を肯定していた。つまり、山荘でSOS団を異空間に閉じ込めたのは、長門さんとは異なる宇宙人である説は正しかったのだ。こうなると古泉の推理力云々より、古泉のバックにある情報ソースがどうなっているか気になってくるところである。いやしかし、やっぱり古泉のことはどうでもいい。なんか必要なときに便利な説明とか解説とかを口挟んで、たまに深読みできるような台詞を残して裏を匂わす程度の役回りだ。むしろ私は同じ組織に属している森さんのほうが興味あるね。例の推理合宿でメイドをやってた森園生さん。一体どういう人生を送ればそんな迫力のある笑みで、敵に向き合うことができるのだろうか。
それにしてもだいぶキナ臭くなってきた。三つ巴か。


『陰謀』では宝探しのくだりがなんか好きだな。特に二回目は、ハルヒの演出がにくいと思ったよ。


それから意外と長門さんが喋る。


「あなたの判断で行動すればいい」
「わたしがそうしているように」
「未来における自分の責任は現在の自分が負うべきだと判断した」
「あなたもそう。それが」
「あなたの未来」


「でも、わたしはここにいる」
「誰の好きにもさせない」


「怖い?」
「わたしは恐れない」



初期の長門だったら絶対言わないような台詞だらけだね。



関連:
涼宮ハルヒについて大いに語る。その一。
涼宮ハルヒについて大いに語る。その二。
涼宮ハルヒについて大いに語る。その三。
涼宮ハルヒについて大いに語る。その四。
涼宮ハルヒについて大いに語る。その五。
涼宮ハルヒについて大いに語る。その六。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。