--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶望系 閉じられた世界

2007年03月10日 10:31

絶望系 閉じられた世界 電撃文庫 (1078) 絶望系 閉じられた世界 電撃文庫 (1078)
谷川 流 (2005/04)
メディアワークス

この商品の詳細を見る


涼宮ハルヒシリーズの作者である谷川流の作品。とはいえ、ハルヒとはかなり(相当)異なる作風。ハルヒがSFをベースとした学園コメディなのに対して、『絶望系 閉じられた世界』はグロ・エロ有りの退廃的な雰囲気をかもし出している。


ある日突然建御(たけみ)の自室に天使、悪魔、死神、そして幽霊が居座ってしまった。建御は高校のクラスメイト杵築(きづき)に助けを求め、とりあえず幽霊を成仏させようとする。杵築のコネで調べてみると、彼は路上でバラバラに解体されて殺されていたことが分かる。そしてその事件には杵築の幼馴染、烏衣カミナが関わっていた。


劇っぽい小説だなと思った。登場する場所も人物も限られているし、特に大きなアクションがあるわけでもない。会話と独白だけでほぼ成り立っている。

もうちょっと考えてみると、安部公房の戯曲『友達』と被っている気がした。「友達」はある男の家に、知らない九人家族(祖父父母長男長女次男次女三男末娘)が押しかけてきて居座る話。男の「正論」は家族相手に空回りし、逆に追い詰められていく。

あと同じく安部公房の『棒になった男』という作品にも類似性を見出すことができるかもしれない。人間の死後の世界を知る者が、事務的に人間の死を語っている辺りとか。

(この二つの戯曲は『友達・棒になった男』という文庫本に収録されている)

安部公房の作品になぞらえてみたものの、『絶望系~』の不条理さは私の理解を超えている。そして理解したいとも思わない。天使と死神の議論は意味不明だし、烏衣姉妹の目的もさっぱり解らない。お陰で読後感が気持ち悪い。実験作か、と漠然とした感想を抱くのみである。

それと読み終わってから「絶望系」の「系」は「ダウナー系」「アキバ系」とかの「系」じゃなくって、「太陽系」「生態系」などのシステムとしての「系」なんだろうな、と思った。とすると「閉じられた世界」というのは物理でいう所の「閉じた系(closed system)」か。ああ、だから彼らは「装置」なのかな。


じっくり読み込むと、同じ狂気にとらわれてしまいそうで怖い。普通にはお薦めできない本だと思う。


谷川流の他の作品:涼宮ハルヒの憂鬱
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。