--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SF読書リスト

2006年11月21日 05:25

いままでサイドバーに表示させてたんだけど、流石に縦に長く伸びてきたので紹介済みだけ残してここに移動。この記事は随時更新予定。 過去記事の更新が面倒で全然やってなかったので今後はブクログで読書管理します。 すこしふしぎな本棚


長門有希の100冊
22冊/97冊中

紹介済み
ΑΩ
銀河帝国の弘法も筆の誤り
世界の中心で愛を叫んだけもの
マルドゥック・スクランブル
かめくん
チグリスとユーフラテス
いつか猫になる日まで
ルー=ガルー
星を継ぐもの
人間の手がまだ触れない
火星人ゴーホーム
text. blue 少年の時間
text. red 少女の空間
黒い仏
ふわふわの泉
西城秀樹のおかげです
蹴りたい田中
トリフィド時代
神狩り
玩具修理者
星虫
神は沈黙せず
戦争を演じた神々たち
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
人形つかい
ガダラの豚
シャングリ・ラ
たそがれに還る
トレジャーハンターシリーズ
サマー/タイム/トラベラー
涼宮ハルヒの憂鬱
涼宮ハルヒの溜息
涼宮ハルヒの退屈
涼宮ハルヒの消失
涼宮ハルヒの暴走
太陽の簒奪者
E.G.コンバット
涼宮ハルヒの動揺
ブレーメンII
涼宮ハルヒの陰謀
タイム・リープ―あしたはきのう
時をかける少女
ロケットガール
第六大陸
老ヴォールの惑星
雨の檻
復活の地
戦闘妖精・雪風<改>

既読
地球の長い午後
ソフトウェア
ソラリスの陽のもとに
夏への扉
2001年宇宙の旅
ラビリンス
ディアナディアディアス
たったひとつの冴えたやりかた
九百人のお祖母さん
時空と大河のほとり
アンドロイドは電気羊の夢を見るか
闇の左手
バベル17
宇宙の戦士
人間以上
われはロボット
鋼鉄都市
失われた世界
タイムマシン
宇宙島へ行く少年
愛はさだめ、さだめは死
パーキー・パットの日々
時間飛行士へのささやかな贈り物
銀河お騒がせ中隊
まだ人間じゃない
つぎの岩に続く
ネメシス
星々の荒野から
地底旅行
いさましいちびのトースター
禅<ゼン・ガン>銃
火星年代記
刺青の男
ウは宇宙船のウ
ニューロマンサー
アルジャーノンに花束を
すばらしい新世界
サムライレンズマン
ザリガニマン
巨人たちの星
ガニメデの優しい巨人
故郷から10000光年
SF大将
宇宙の小石
銀河郵便は“愛”を運ぶ
イル&クラムジー物語
銀河郵便は三度ベルを鳴らす
アルカイック・ステイツ
エスコート・エンジェル
ホロウ・ボディ
フリー・フライヤー
一人で歩いていった猫
時の果てのフェブラリー
猫の地球儀
イリヤの空、UFOの夏
涼宮ハルヒシリーズ
フルメタル・パニック!シリーズ
ハイドゥナン
地球・精神分析記録(エルド・アナリュシス)
未来視たち
ハイペリオン
ハイペリオンの没落
ある日、爆弾がおちてきて
沈黙のフライバイ

積読
20億の針
エイダ
大いなる旅立ち
竜の卵
光の王
チョウたちの時間
エンダーのゲーム
エンディミオン
非Aの世界
月は無慈悲な夜の女王
祈りの海
幸せの理由
ハイブリッド・チャイルド
人類補完機構シリーズ
知性化戦争
(その他いっぱい)

ブックハント
無伴奏ソナタ
長門さんの100冊に含まれるSF

2006/02/19 現在
スポンサーサイト

サマー/タイム/トラベラー関連作品

2006年10月21日 02:22

サマー/タイム/トラベラーに登場したもしくは関係があると思われる作品一覧

タイムトラベル関係(順不同)
梶尾真治のエッセイ集・入門書
タイムマシン / H.G. ウェルズ
トムは真夜中の庭で / フィリパ・ピアス
たんぽぽ娘 / ロバート・F・ヤング
ある日どこかで / リチャード マシスン
レベル3 / ジャック フィニイ
ゲイルズバーグの春を愛す / ジャック・フィニイ
夢の10セント銀貨 / ジャック・フィニイ
マリオンの壁 / ジャック フィニイ
ふりだしに戻る〈上〉 / ジャック・フィニイ
時の旅人 / ジャック・フィニイ
*夜の冒険者たち / ジャック・フィニイ
*盗まれた街 / ジャック・フィニイ
時をかける少女 〈新装版〉 / 筒井 康隆 →感想

ジェニーの肖像 / ロバート・ネイサン
ここがウィネトカならきみはジュディ / F・M・バズビイ(『タイムトラベラー』に収録)
リプレイ / ケン・グリムウッド
夏への扉 / ロバート・A・ハインライン
時間衝突 / バリントン・J・ベイリー
酔歩する男 / 小林 泰三(『玩具修理者』に収録) →感想
果しなき流れの果に / 小松 左京
タイム・リープ―あしたはきのう (上) / 高畑 京一郎 →感想
マリーン / 萩尾 望都(『ゴールデンライラック』に収録)
マイナス・ゼロ / 広瀬 正
スキップ / 北村 薫
ターン / 北村 薫
リセット / 北村 薫
ミラーグラスのモーツァルト / スターリング(『タイムトラベラー』に収録)
たんぽぽのお酒 / レイ ブラッドベリ
雷のような音 / レイ・ブラッドベリ(『太陽の黄金の林檎』に収録) →感想
プロテウス・オペレーション〈上〉 / ジェイムズ・P. ホーガン
時間泥棒 / ジェイムズ・P. ホーガン
J.F.ケネディを救え / スタンリー シャピロ
ダラス暗殺未遂〈上〉 / ジョージ ベアナウ
ウィンターズ・テイル〈上〉 / マーク ヘルプリン
金星樹―SF短篇集 / 佐藤 史生
ライトニング / ディーン・R・クーンツ # 人物紹介欄でネタバレらしい
ゆめのかよいじ / 大野 安之
ハドソン・ベイ毛布よ永遠に / ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア(『故郷から10000光年』に収録)
オーロラの彼方へ / トビー エメリッヒ 
ポーの一族 (1) / 萩尾 望都
タイム・パトロール / ポール・アンダースン
敵艦見ユ / 広瀬正(『タイムトラベルSF傑作戦』に収録)
世にも奇妙な物語 映画の特別編〈特別版〉 / タモリ
愛の手紙 / ジャック・フィニイ(『ゲイルズバーグの春を愛す』に収録)
ラ・ジュテ / サン・ソレイユ / クリス・マルケル
12モンキーズ / ブルース・ウィリス
猿の惑星 BOX SET(五部作) / チャールトン・ヘストン
夕ばえ作戦 / 光瀬 龍
バック・トゥ・ザ・フューチャー / マイケル・J・フォックス
スター・トレック ファースト・コンタクト / パトリック・スチュワート


その他
戦う操縦士 / アントワーヌ ド・サン=テグジュペリ
伝奇集 / J.L. ボルヘス
徳川家康〈5 うず潮の巻〉 / 山岡 荘八
ぼくを探しに / シェル・シルヴァスタイン
火星のプリンセス / エドガー・ライス・バローズ
ライ麦畑でつかまえて / J.D.サリンジャー
アルジャーノンに花束を / ダニエル キイス # 涼のしぐさがアルジャーノン
フラーがぼくたちに話したこと / リチャード J.ブレネマン
罪と罰〈上〉 / ドストエフスキー # 饗子の理想の恋人像がラスコーリニコフ
霧笛 / レイ・ブラッドベリ(『ウは宇宙船のウ』に収録)  
茄子 アンダルシアの夏 / 黒田硫黄
銀河パトロール隊―レンズマン・シリーズ〈1〉 / E.E. スミス # ボスコーンとか
ロード・オブ・ザ・リング / ピーター・ジャクソン # ホビット庄とか


悠有の飼っている猫の名前
ペテロニウス(=ピート)夏への扉に出てくる雄猫
ク・メル 人類補完機構シリーズに出てくる猫娘
チェシャ 不思議の国のアリスのチェシャ猫
ジェニィ ジェニィ / ポール ギャリコ
ハミイー リングワールドに出てくる獣への話し手と呼ばれるネコに似た獰猛で肉食性の種族(クジン人)
アプロ 敵は海賊シリーズに出てくる黒猫型宇宙人


ぱっと目に付いた作品、心当たりのある作品を抜き出してみた。自己満足用。見落としとか、調べるのが面倒になったのとかあると思う。


とりあえずサマー/タイム/トラベラーの饗子がお気に入りらしいフィニイの作品を読んでみたいかな。

長門有希の100冊

2006年05月24日 00:00

なんかこんなものを見つけてしまった。我らが長門有希が読んでいるという設定の本100冊(実在するのは97冊)。面白そうだったのでリストをコピらせていただいた(長門有希に挑戦!)。

とりあえず自己満足のために読んだことのある本を青色でチェック。

1 エラリー・クイーン『ギリシア棺の謎』
2 ダン・シモンズ『エンディミオン』
3 竹本健治『ウロボロスの偽書』
4 有栖川有栖『双頭の悪魔』
5 京極夏彦『魍魎の匣』
6 佐藤哲也『ぬかるんでから』
7 とり・みき『クレープを二度食えば。』
8 法月綸太郎『誰彼』
9 麻耶雄嵩『夏と冬の奏鳴曲』
10 神林長平『猶予の月』
11 R・A・ハインライン『世界SF全集12』 →『人形つかい』感想
12 筒井康隆『バブリング創世記』
13 朝松健『(完本)黒衣伝説』
14 小峰元『パスカルの鼻は長かった』
15 バリントン・J・ベイリー『時間衝突』
16 J・D・カー『三つの棺』
17 菊地秀行『エイリアン妖山記』 →感想
18 グレッグ・イーガン『順列都市』
19 ロバート・J・ソウヤー『ターミナル・エクスペリメント』
20 新井千裕『復活祭のためのレクイエム』
21 G・W・F・ヘーゲル『精神現象学』
22 リチャード・ハル『伯母殺し』
23 高橋昌一郎『ゲーデルの哲学』
24 A・A・ミルン『赤い館の秘密』
25 綾辻行人『十角館の殺人』
26 真木武志『ヴィーナスの命題』
27 草上仁『五百光年』(SFマガジン1998年2月号所収)
28 サイモン・シン『暗号解読』
29 E・C・タブ『デュマレスト・サーガ』
30 東野圭吾『名探偵の掟』
31 森博嗣『有限と微小のパン』
32 エリファス・レヴィ『魔術の歴史』
33 笠井潔『オイディプス症候群』
34 村上春樹『ダンス・ダンス・ダンス』
35 清涼院流水『ジョーカー』
36 葛洪『抱朴子』
37 芦辺拓『殺人喜劇の13人』
38 ダイアン・フォーチュン『世界魔法大全(英国篇)4』
39 菊川涼音『妄想自然科学入門』
40 アイザック・アシモフ『鋼鉄都市』
41 アレイスター・クロウリー『法の書』
42 ホメーロス『イーリアス』
43 H・P・ラヴクラフト『真ク・リトル・リトル神話大系』
44 ヴァン・ダイン『僧正殺人事件』
45 ピーター・アントニイ『衣装戸棚の女』
46 フランシス・アイルズ『殺意』
47 と学会『トンデモ本の世界』
48 中島らも『ガダラの豚』 →感想
49 二階堂黎人『悪霊の館』
50 ディヴィッド・プリン『知性化戦争』
51 ポール・アンダースン『タウ・ゼロ』感想
52 夢枕獏『月に呼ばれて海より如来る』 →感想
53 アト・ド・フリース『イメージシンボル辞典』
54 森雅裕『椿姫を見ませんか』
55 チャールズ・フォート『呪われし者の書』
56 ジョン・ウィンダム『トリフィド時代』 →感想
57 ジャック・フィニィ『盗まれた街』
58 山田正紀『デッドソルジャーズ・ライヴ』
59 舞城王太郎『暗闇の中で子供』
60 マルセル・プルースト『失われた時を求めて』
61 ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』
62 井上ひさし『吉里吉里人』
63 T・フロゥイング『火星にて大地を想う』(この世界にはこの本は存在しない)
64 平賀英一郎『吸血鬼伝承「生ける死体」の民俗学』
65 大原まり子『エイリアン刑事』 →感想
66 E・S・ガードナー『落ち着かぬ赤毛』
67 G・K・チェスタトン『ブラウン神父の童心』
68 村上龍『昭和歌謡大全集』 →感想
69 ブライアン・W・オールディス『地球の長い午後』
70 ラリィ・ニーヴン『リングワールド』
71 オースン・スコット・カード『エンダーのゲーム』
72 ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア『たったひとつの冴えたやり方』
73 島田荘司『奇想、天を動かす』
74 アントニイ・バークリー『最上階の殺人』
75 森岡浩之『夢の樹が接げたなら』
76 笹本祐一『スターダスト・シティ』←Jコミで読めるよ!こちら
77 ロナルド・A・ノックス『陸橋殺人事件』
78 大川豊『金なら返せん!』
79 小林泰三『海を見る人』
80 ウィリアム・L・デアンドリア『ホッグ連続殺人』
81 森下一仁『思考する物語』
82 夢野久作『ドグラ・マグラ』
83 光瀬龍『たそがれに還る』 →感想
84 M・Z・ブラッドリー『ダーコーヴァ年代記』
85 未知の媒体に記録されている
86 豊田有恒『少年エスパー戦隊』
87 吉野朔実『ECCENTRICS』
88 野尻抱介『太陽の簒奪者』 →感想
89 J・B・ラッセル『悪魔の系譜』
90 映画秘宝編集部編『底抜け超大作』
91 アキフ・ピリンチ『猫たちの聖夜』 →感想
92 アルフレッド・ベスター『虎よ、虎よ!』
93 小林一夫『サード・コンタクト』
94 ダニエル・キイス『五番目のサリー』
95 スタンダール『赤と黒』 →感想
96 逢坂剛『百舌の叫ぶ夜』
97 J・P・ホーガン『星を継ぐもの』 →感想
98 西原理恵子『できるかなリターンズ』 →感想
99 氷室冴子『海がきこえる』 →感想
100 未知の言語で記述されている

というわけで5月23日現在では97冊中9冊しか読んでいない。うー、少ないな。くやしいな。せめてこのリストの中のSF物件だけでもコンプしたい。『順列都市』『リングワールド』『エンダーのゲーム』『虎よ、虎よ!』あたりは絶対読んでおかなきゃだな。

しかしこのリスト『たったひとつの冴えたやり方』と『星を継ぐもの』が入っているのが個人的にかなりポイント高い。あと大原まり子も載ってるのがすごいと思う。


しかし、ふと思えば試験まであと19日。こんなことをしている場合じゃないっての。


追記[2006/7/07 23:18]
2006年05月24日以降に読んだ本は違う青でチェック。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。