--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MM9 - エムエムナイン -

2011年10月14日 00:10

ずいぶん前に読んだ本だけど、最近続編も出たみたいだし、せっかくだからパラパラ読み返しつつご紹介。

MM9 (創元SF文庫 )MM9 (創元SF文庫 )
(2010/06/24)
山本 弘

商品詳細を見る


地震や台風などの自然災害に加え、怪獣災害というものがある世界(っていう設定を見た段階でシムシティ2000を思い出した)。世界有数の怪獣大国日本。だが甚大な被害をもたらす可能性がある怪獣に立ち向かうのは、アメコミ的ヒーローでもなく、宇宙から来た正義の使者でもなく、カラフルな五人組戦隊でもなく、怪獣対策のスペシャリスト「気象庁特異生物対策部」通称「気特対」、つまりは国家公務員である。怪獣の早期発見、データ収集・観測、被害規模の予測、警報の発令、そしてその撃退方法のアドバイスが主な任務である。気特対は怪獣を迎撃する攻撃手段を持ち合わせていないので、直接怪獣と戦うのは自衛隊ではあるが。

怪獣はその規模にあわせてMM0からMM9までで評価される。MMはモンスター・マグニチュードの略だ。

「怪獣の体積が2.5倍になれば、人口密集地に及ぼす最大の被害は四倍になる」とガスリーは唱えた。怪獣の皮膚の厚さは体積の立方根に比例し、厚くなるほど弾丸は貫通しにくくなる。怪獣を殺すのに必要な累積ダメージは体積に比例する。単位断面積あたりの骨や筋肉の強度は体積の三分の二乗に比例し、地上での移動速度は体積の六分の一乗に比例する。建造物に加えられるダメージの大きさは体積の四分の一乗に関係する……といった要素すべて加味すると、怪獣が人口密集地に侵入した場合、軍に倒されるまでに最大どれだけの破壊を繰り広げるかが求められるというのだ。

(中略)現在は同体積の水の重量に換算したトン数を基準にMMが算出されている。MM0は1トンの水に等しい体積の小型怪獣で、MMが1上がるごとに体積は2.5倍になる。

兵器の殺傷能力が100年前よりも増大したこと、堅牢な高層ビルが増えたことなどにより、現在ではガスリーの法則は成り立たなくなっている。それでもMMは怪獣の脅威を予測する目安として使われ続けている。

数字が一つ上がるにつれ、被害規模は格段に大きくなる、というところは地震のマグニチュードと同じ。怪獣の予想進路等発表しながら警報を出していく様はさながら台風。

数百トンを超える体重の巨大生物は、科学に照らし合わせると己の体重を支えきれないはず。それなのにMM5を超える怪獣達は地上に現れ、二本足で闊歩したりする。怪獣には人類が知っている物理学は通用しない。というのも、怪獣は人間が属する「ビックバン宇宙」とは異なる「神話宇宙」の法則に支配される存在だからである。

そんな人知の及ばない怪獣相手に日々奮戦する気特対。彼らの前に、一糸まとわぬ少女の姿をした怪獣(テレビ中継はモザイク付き)が現れたり、怪獣を使ったテロを企てる組織の存在が明らかになっていったり……。そして観測史上最大、伝説級のMM9怪獣が日本で目覚めてしまう。

怪獣に有効な必殺技を持つわけでもなく、ヒーローのような華々しい活躍をするわけでもなく、愛と勇気だけで人類が救えるわけでもなく。マスコミからの批難にさらされながらも、懸命に仕事をこなす命がけの現場、責任という重圧に耐える本部。SF的理屈付けに人間ドラマをおり混ぜたリアリティあふれる怪獣モノ。災害を扱った作品をエンターテイメント小説と称するのにいささか抵抗はあるが、己らの力の限界を知りつつも、人を助けるため困難に立ち向かう隊員たちの姿には励まされるものがある。そしてラストに示唆されるこの世界のひとつの可能性。なんかもうわくわくが止まらない。


特撮モノを題材にしたSFには昔紹介したΑΩもある。MM9と切り口が全く違っていて比べてみるのも面白いかもしれない。

そういえばMM9は去年連ドラ化されたそうだが、全くノーチェックだった。DVDででも見てみようかな。


山本弘のほかの作品:
神は沈黙せず
スポンサーサイト

ΑΩ:リアルウルトラマン

2004年03月26日 00:00

ΑΩ(アルファ・オメガ)―超空想科学怪奇譚 ΑΩ(アルファ・オメガ)―超空想科学怪奇譚
小林 泰三 (2004/03)
角川書店

この商品の詳細を見る


『SFが読みたい! 2002年版』で国内二位だった作品。今月文庫になったのでついに購入してみた。

一言で言ってしまえば、スプラッタでグロい。
にごった、どろっとした粘着質の液体が町中にあふれるさまが表現されていて、それらをリアルに思い描くことができる。主人公の体が破壊・崩壊し、再生されていく様も見事だ。

しかし、ただグロいだけでは終わっていなかった。
われわれ人類をはじめとする地球上の生物とはまったくかけ離れたタイプの宇宙人が非常に細かく描かれている。
この宇宙人は、プラズマと磁気から構成されているらしい。そして自己はデータの集まりであり、データを違う個体と共有することができる(この描写は宇宙人のデータ交換にすぎないのに、なぜかエロい)。とにかく、いままで思いつきもしなかったような宇宙人が描かれ、それがまたリアルなのだ。

ΑΩはあらゆるSFテーマを扱っている。宇宙人とのファーストコンタクト、宇宙人による侵略、超人に変身し悪と戦う主人公、新興宗教によるアルマゲドンと人類滅亡の危機、新人類の誕生・・・。こんなにぎっしり詰まっているのにもかかわらず、ぐいぐいと引き込まれてあっという間に読み終わってしまった。

ちなみに、このSFはウルトラマンを彷彿させる。
私は、ウルトラマン世代ではないので、詳しいことはわからないのだが、このSFの主人公の名は「諸星隼人」という。諸星といったら・・・たしかウルトラマン・セブンだ。
それから、ジャンプするときの掛け声は「シュワッ」。
主人公が変身した姿は白銀の巨人。

ただ、ひとつ。
ネタばれになるかもしれないが、宇宙人の故郷が木星だというのが腑に落ちない。
ΑΩによるとどうやらわれわれの太陽系には少なくとも四種類の種族が住んでいるようだ。
これは、ちょっと多すぎやしないか。
べつに隣の銀河から来たってよいと思ったのだが・・・。


痛い描写やグロテスクな描写が苦手でなければ面白く読めるはずである。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。