--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神狩り

2005年03月18日 00:00

神狩り 神狩り
山田 正紀 (1998/08)
角川春樹事務所

この商品の詳細を見る


前々からタイトルと作者に興味を覚えて惹かれてはいた。しかしなかなか本を買うところまでは行かなかった。以前紹介した『蹴りたい田中』の『やまだ道―耶麻霊サキの青春』に影響を受け、ついに購入したのが冬休み中の出来事。山田正紀の『神狩り』といえば、『やまだ道―耶麻霊サキの青春』でサキが崇拝した作品である。期待は大きかった。

山田正紀ってややライトノベルよりの作家というイメージが私にはあった。『NOVEL21 少年の時間―text.BLUE』の『ゼリービーンズの日々』を読んだ所為かもしれない。ところが、『神狩り』はちっともライトじゃなかった。冒頭の句はいきなりヴィトゲンシュタイン。目に飛び込んでくる言葉は「論理哲学論」「メタ言語」「論理記号」「関係代名詞」などなど。私は哲学者でも言語学者でも神学者でもなんでもない。はっきり言ってちんぷんかんぷんな言葉と観念に翻弄されるだけだった。

なんか凄そうだけど意味わかんない、これが初めて読んだときの正直な感想だった。しばらくしてまた読み直してみた。今度は分からない単語をちょっと脇に置いて読める程度の余裕は持っていた。読むのが二度目のはずなのに、ぐいぐいと引き込まれるようにして読んでしまった。相変わらず作品内で語られる言語の構造についてとかはさっぱりだけど、そこに引っかかったまんまじゃなくなった。もっと大きな視点で物語を見渡せるようになったというのだろうか。ぞくぞくした。神を否定して生きてきて、それなのに神が存在するという証拠を垣間見てしまったときのなんともいえないゾッとする感覚。人間の上位のレベルに存在し人間に干渉している神。人間に神のロジックを理解することは不可能。我々人間は神に遊ばれているだけなのだろうか。神のゲームに乗り、神を狩り出したとき人間は自由になれるのだろうか・・・。

数年前『聖書の暗号』という本を読んだときに感じた戦慄を思い出した。やっぱり私が一番怖いのは人間の理解を超えている上位の存在なんだと再確認させられた。


時間を置いてまた読み返してみたら、新しい発見が出来そうな予感がする。



『神狩り』の続編(『神狩り2 リッパー』)が29年ぶりに出たらしい。こんど是非読みたい。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。