--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時砂の王

2010年12月19日 23:07

時砂の王 (ハヤカワ文庫JA)時砂の王 (ハヤカワ文庫JA)
(2007/10)
小川 一水

商品詳細を見る



未知なるETの攻撃により地球は壊滅し、人類が海王星を拠点として抵抗を続けている未来。メッセンジャーと呼ばれる強化された人間の身体を持つ知性体達は、人類を救うため時間遡行して敵戦闘機械群を地球にて迎え撃つ。だがしかし、ET(エネミー・オブ・テラ)も更に時間を遡り執拗なまでに人類を追い詰めていく。人類の生存を賭けて過去へ過去へと後退していく戦線。ついに最終的な決戦の舞台は古代へ移り、メッセンジャーOと時間戦略知性体カッティは女王卑弥呼と出会う。メッセンジャーOと卑弥呼の下、人は力をあわせて未来からのET(物の怪)に立ち向かう。それがいかに絶望的な戦いだとしても負けるわけにはいかないのだ。

過去に干渉することによって生まれる時間の枝。そのうちのひとつに人類の未来を繋げていくための、犠牲に満ちた戦いに終わりはくるのだろうか…?ETが執念深く人類を襲い続ける理由は?


正体と目的が分からないETっていうのは、SF的に熱いね。それに「未来からの増援がない」=「人類に未来が無い」と言う残酷な事実に思わず息を詰めてストーリーを見守ってしまう。
ただ古代日本の背景にしっくりこなかったのは、私が歴史嫌いのせいなのかな。自分の中の卑弥呼のイメージって火の鳥がかなりの量を占めているから、若くて芯の強い卑弥呼に入れ込めなかったのはもったいなかったかも。


多少のご都合主義を気にさせず、骨太のSFバックボーンをラノベっぽい切り口で魅せる、読みやすい作品だった。
それにしても小川一水はSFの引き出しが多彩だわな。

あわせて読みたい:
戦闘妖精・雪風
スポンサーサイト

復活の地

2007年04月19日 01:06

三度、小川一水。

復活の地 1 復活の地 1
小川 一水 (2004/06/10)
早川書房

この商品の詳細を見る

復活の地 2 復活の地 2
小川 一水 (2004/08/06)
早川書房

この商品の詳細を見る

復活の地 3 復活の地〈3〉
小川 一水 (2004/10)
早川書房

この商品の詳細を見る



舞台は遥か未来。人類が太陽系から飛び出し、星間列強と呼ばれる独立した勢力を生み出したそんな時代。辺境の惑星レンカの帝都トレンカを襲った大地震は、何万もの住民の命を奪い、都市機能を麻痺させた。国会議員、官僚、皇族、元老なども巻き込まれたため、帝国の中枢は一瞬にして空白になり、レンカ政府は壊滅寸前。生き残った元老クノロック公は、帝都復興の希望を若きセイオ・ランカベリー総督代理に託す。僻地にて難を逃れた第四息女、内親王スミルが摂政となり、策謀家サイテンを内閣総理大臣に、ランカベリーを帝国復興院総裁に任命した。ランカベリーは帝都を立て直すためその手腕を発揮するが、サイテン率いる内閣と、帝都民の感情と衝突してしまう。さらには、星外の列強諸国の思惑も交差して・・・。


未曾有の大災害の切迫感に引き込まれるようにして読んだが、ちぐはぐと言うかアンバランスと言うかそんな印象も受けた。というのも、人類がいくつもの太陽系をまたいで繁栄しているような時代なのに、惑星レンカには電話や鉄道や車などがあって、現代の地球の生活水準とさして変わらないようだからだ。また、一般市民や町の様子はヨーロッパくさいのに、皇室はアジアっぽいのも不思議な感じだ。(レンカの生活基盤が現代に似通っているのは、読者が地震の被害を想像しやすくするためだとは思う。)うーん、SFというか、星間国家をそのまま20世紀あたりの日本やイギリスやソ連やアメリカをモデルにした架空国家の物語として見るとしっくり来るかもしれない。


それにしても国の中枢が災害によって機能停止する、という悪夢をまざまざと見せ付けられた。地震大国である日本は、ちゃんと非常時対策できているのかな。救援物資が迅速に満遍なく行き渡らないとか、道路に乗り捨てられた車が緊急車両の邪魔をするとか、そういう問題に対処できるのだろうか。

『復活の地』を読むと危機意識が高まる。そして恐ろしい災害に見舞われる日が来ないことを、祈らずにはいられない。

関連:小川一水の作品の感想

老ヴォールの惑星

2007年03月13日 21:24

第六大陸』の小川一水、初の短編集。
2006年度版SFが読みたい』で発表された読者が選ぶベストSF2005国内篇第1位。

老ヴォールの惑星 老ヴォールの惑星
小川 一水 (2005/08/09)
早川書房

この商品の詳細を見る


全体的に日本人離れした作品だなという感想を抱いた。四篇ともどれも趣きが異なっていて飽きが来ない。


ギャルナフカの迷宮
反社会的な政治犯として一枚の地図とともに地下迷宮に落とされた元教師テーオ。地下には人数分の水場ときのこみたいなものが生える餌場しかない。生き残るために水場と餌場の記されている地図の奪い合いが起こり、人々は疑心暗鬼になっていた。一部の人間は、食べ物を求める欲望を抑えきれずに、野蛮な生肉食いと化していた。テーオはこの無秩序な迷宮に、文明的な社会を作ることを決意した。

閉鎖された厳しい環境下での生への渇望がナマナマしくてエグい。アイディアとしては嫌いじゃないけど。


老ヴォールの惑星
巨大な海の惑星。その表面に生きる知的生物。体から光を発することにより、情報を種全体で共有することができる。多くの知識を溜め込んだ長老ヴォールは若者に、空の星のひとつに彼らの惑星サラーハに似た世界がある事を教えてその生を終える。サラーハに危機が迫ったとき、残された彼らは老ヴォールが発見した星を探し出そうとする。

この本のなかではやっぱり表題作であるこの短編が好き。地球起源の生命とは根本から異なる知的生命体の不思議な生活様式の描写に惹かれる。


幸せになる箱舟
火星まで生活圏を広げた人類は、木星で地球外知性体によって作られた自動機械を発見した。ビーズと呼ばれるようになったそれは、木星の大気を採取し彼らの母星に向かって超高速で射出していた。このままでは木星の重量が変化し、近い未来太陽系の惑星の軌道がずれていってしまう。人類はビーズを作り出した知性体クインビーと交渉するため、専門家達を特使として送り込んだ。危険と困難を極めると思われたそのミッションは、予想に反してとんとん拍子にことが運び、うまく行き過ぎることに疑問を抱いた時・・・。

人類を危機に追い込む地球外生命体による太陽系への干渉+人間の望んだ夢を見せてくれる未知の星。辛めに言うと、既出のアイディアを二つくっつけただけかも。


漂った男
未開の惑星の偵察任務中、タテルマの乗った機は墜落。海しかない巨大な惑星パラーザで漂流してしまった。救助を要請したが、広大な面積のため惑星のどこを漂っているのか特定できず、発見は絶望的だった。栄養価の高い海の水と空間距離に影響されないU(アルティメイト)フォンを命綱に、タテルマは漂流し続ける。

ほとんど何も起こらないことがポイントのストーリー。x年も独りぼっちで海を漂うなんて気の遠くなるような話だ。タイトルから何故か「嘔吐した宇宙飛行士」を連想してしまったのは内緒。



関連:小川一水の作品の感想

第六大陸

2007年03月07日 21:38

ロケットガールからの連想ゲームで第六大陸。

第六大陸〈1〉 第六大陸〈1〉
小川 一水 (2003/06)
早川書房

この商品の詳細を見る

第六大陸〈2〉 第六大陸〈2〉
小川 一水 (2003/08)
早川書房

この商品の詳細を見る


時は2025年。砂漠・海底・高山・南極・・・過酷な環境下での建設を得意とする日本企業御鳥羽総合建設に新しい仕事が依頼された。桃園寺グループのエデン・レジャーエンターテイメント(ELE)社が要求してきたのは、なんと月面基地の建造だった。

しかし建築資材を月に打ち上げるには想像以上の費用かかる。その額およそ一兆二千億円。莫大な輸送費のコストを下げるためには、天竜ギャラクシートランス社が極秘で開発中の新型ロケットエンジン、トロフィーが必要不可欠だ。日本企業三社による予算一千五百億円、工期十年の巨大プロジェクトが始まった。

御鳥羽総合建設を育て上げた社長御鳥羽拓道、熱意溢れる若手社員青峰走也、天竜ギャラクシートランス社を創設した野心家八重波竜一、トロフィーエンジンの生みの親である泰信司、ELE社の特別監査員保泉玲花、中国の月面基地滞在隊員達。多くの人間とNASAや世界までもを巻き込んだ第六大陸プロジェクト。その中心にいたのは、桃園寺グループ会長の孫娘、桃園寺妙、プロジェクト開始当時十三歳の少女だった。


月面基地建設のためのステップ―調査・設計・開発・輸送・施工―が緻密に進められていく描写は、近未来SFというよりまるでヒューマンドラマのドキュメンタリーを見ているよう。資金調達、妨害工作、デブリ、事故、世論など次々に表面化する問題を乗り越えて、第六大陸が完成に近づく工程には目が離せない。国家の宇宙開発機関ではなく、日本の民間企業に月面基地の建設を行わせることによって、人類の月進出・開拓の夢を別の切り口から魅せてくれる。


ここからネタバレ。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。