--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デルフィニア戦記 ~ 暁の天使たち ~ クラッシュ・ブレイズ

2012年05月12日 14:24

長かった。
年始にスカーレットウィザードを読み終わって、関連シリーズに手をつけ始めて四か月半。
ようやくクラッシュブレイズシリーズの最後まで読み終わった。

  スカーレット・ウィザード 本編全5巻 + 外伝1巻

  デルフィニア戦記 本編全18巻 + 外伝2巻

  暁の天使たち 本編全6巻 + 外伝2巻

  クラッシュ・ブレイズ 全16巻

というシリーズ全部あわせて50冊をずっとちまちま読んできた。
暁の天使たちを二月中に読んでいたことを考えると、クラッシュブレイズでどんどん失速していったのがわかる。笑

電子書籍版(茅田砂胡検索結果)
[Sony Reader Store] [Kinoppy] [PDAbook] [ビットウェイブックス] [Raboo]

「スカーレット・ウィザード」は以前ブログに書いたとおり、ぶっとんだ奴らに引きずられるように読めた。

「デルフィニア戦記」は舞台はがらりと変わり中世ヨーロッパを意識したようなファンタジー。陰謀により国を追放された若き王ウォルが出会ったのは異世界から迷いこんだ少女の姿をしたリィ。のちに戦女神と称えられることになるリィの協力によって、ウォルは王座を奪還し戦乱の世を治めていく。長いシリーズなので中だるみを懸念しつつも、基本的には楽に全部読めた。シェラかわいいよシェラ。

相棒ルウの迎えによってデルフィニアから自分の元いた世界(共和宇宙)に戻ってきたリィが、復活したケリーとジャスミンと出会い共闘する話が「暁の天使たち」。久しぶりにの海賊&女王コンビが楽しみでワクワク。

「クラッシュ・ブレイズ」は、両シリーズのキャラによる豪華共演の一巻完結もの。一巻完結なので、勢いはそがれた感じ。単品としてはそれなりに面白いけど、次の巻を読まねば感が薄れてしまっているのでシリーズを読み終えるのに時間がかかった。全体的にスケールも小さく、せっかくのぶっとびキャラが生かされていないような気も。誘拐事件や殺人事件に偶然巻き込まれ、規格外の主人公たちが力技で解決していくっていうプロットにはちょっと食傷気味。両シリーズのキャラを登場させるためにご都合主義満載&お互いにお互いを頼り過ぎ。最終巻まで読んでも、とくにエンディングっぽくないので、味気ないし。

このあと「天使たちの課外授業」シリーズに続くみたいだけど、そっちもクラッシュ・ブレイズと変わらず天使たちin学園っていう構成になってるらしく、続けて読むかどうかが悩みどころ。しばらく様子見かな。


新書サイズで50冊もそろえるとなると相当場所を取るが、電子書籍版ならその心配をする必要がない。出かけ先で一冊読み終えちゃって続きが気になって悶々とするはめになる心配もない。電子版だと紙の本よりちょっと安いし(一冊あたり約300円安い、・・・とするとなんと50冊分だと15000円も差が!?)。なんか電子書籍の恩恵を受けている感全開で、そういう意味でかなり満足。

だた惜しむらくは、私が買った電子書籍版はモバイルに最適されたxmdfファイルだったので、表紙に絵が付いていなかったこと。あとがきで作者が「素敵な表紙」と言っているのを見ることができないのはちょっと残念だったかな。だから自己満足のために下記に表紙画像つきで各巻リンクを貼らしていただく。それも画像サイズ大で。邪魔になると思うので続きを読む、に入れておくけど。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

スカーレット・ウィザード

2012年02月01日 23:39

前回「ムシウタ」シリーズで容赦ない死亡ラッシュと夢潰える若者たちを目の当たりして、沈んでいた気分を盛り上げるためにチョイスしたのが茅田砂胡の『スカーレット・ウィザード』シリーズ。実は学生時代に薦められて借りて読んだことがある。ただ記憶力に乏しいゆえに、荒唐無稽なスペースオペラ(+夫婦漫才)だった、というような印象しか残っておらず、もう一度読んでみたいなと思っていた。そこに電子書籍でそろっているのを見かけて、思わず買ってしまったのだった。


ゲートと呼ばれる、遠く離れた空間をつなげるゆがみ(ワープポイント)が宇宙に点在し、人類が銀河のあちこちの惑星でそれぞれの文化を発展させている時代。宇宙海賊ケリー(30歳前後)は、宇宙に生きる男たちにキングと称えられるほどの船乗りだ。バケモノ級の操縦技術と自分しか知らないゲートを使って、宇宙連邦政府の追跡の手を十何年もの間逃れてきている。海賊王と異名を持つものの手下は一人もおらず、唯一の相棒も宇宙船の感応頭脳(規格外)であるダイアナ・イレヴンスだけ。ケリーの腕前に惚れ込んで、手を組もうとした名の有る海賊たちは数多くいたが、そのどれの誘いにも乗らず一匹狼を貫いている。そんなケリーの前に超巨大財閥の創始者の一人娘であり現総帥であるジャスミン・クーア(28歳)が現れ、自分と結婚する契約を一年間結んで欲しいと迫る・・・。権力欲しさに陰謀を企むクーア財団幹部たちを相手にジャスミン&ケリーの常識を無視した戦いが始まった。


二人の主人公が30前後の男女なので若さへの嫉妬に狂うことなく安心して読める。またケリーとジャスミン両名とも殺しても死なない級の強さなので安心して読める。むしろ敵に同情してしまいそうになるほどのぶっちぎりの破壊力でスカッとすることこの上ない。細かいSF的考証などは気にせずに、ノリと勢いと笑いでガンガン読むべし。ムシウタ症候群の回復薬にまさにうってつけだった。(正確に言うと4巻ぐらいまでは、だけど・・・。シリーズ終盤はシリアス展開、涙あり。)

外伝まで読んで、著者のほかのシリーズとクロスオーバーしていると知る。というわけで今現在は『デルフィニア戦記』シリーズ(全18巻+外伝)を読み始めている。ファンタジー物はあまり嗜んでこなかった私だが、こちらもノリでじゃんじゃん読んでしまっている。このあとに『暁の天使たち』シリーズ(全6巻+外伝)、『クラッシュ・ブレイズ』シリーズ(全16巻)、そして『天使たちの課外活動』(刊行中)と続くらしい。当分楽しめそうだけど、早くジャスミン&ケリーに再会したい。


スカーレット・ウィザードシリーズ電子書籍版: Reader Store / PDABOOK / ビットウェイブックス / 電子書店パピレス / 紀伊國屋書店BookWeb


スカーレット・ウィザード〈1〉 (C・NOVELSファンタジア)スカーレット・ウィザード〈1〉 (C・NOVELSファンタジア)
(1999/07)
茅田 砂胡

商品詳細を見る

スカーレット・ウィザード〈2〉 (C・NOVELSファンタジア)スカーレット・ウィザード〈2〉 (C・NOVELSファンタジア)
(1999/11)
茅田 砂胡

商品詳細を見る

スカーレット・ウィザード〈3〉 (C・NOVELSファンタジア)スカーレット・ウィザード〈3〉 (C・NOVELSファンタジア)
(2000/07)
茅田 砂胡

商品詳細を見る

スカーレット・ウィザード〈4〉 (C・NOVELSファンタジア)スカーレット・ウィザード〈4〉 (C・NOVELSファンタジア)
(2000/11)
茅田 砂胡

商品詳細を見る

スカーレット・ウィザード〈5〉 (C・NOVELSファンタジア)スカーレット・ウィザード〈5〉 (C・NOVELSファンタジア)
(2001/04)
茅田 砂胡

商品詳細を見る

スカーレット・ウィザード外伝―天使が降りた夜 (C・NOVELSファンタジア)スカーレット・ウィザード外伝―天使が降りた夜 (C・NOVELSファンタジア)
(2001/11)
茅田 砂胡

商品詳細を見る


六花の勇者 と 11人いる!

2011年10月18日 00:06

近所の本屋で「ルー=ガルー2」を買うついでに見つけて「六花の勇者」と「All You Need Is Kill」を購入。買ってから気がついたけど「六花の勇者」って最近出た作品だったんだね。あと「戦う司書」シリーズの著者だったのね。

「戦う司書」は読んだこと無いけどアニメは見た。事前情報無しに見たもんだから、世界観とか展開とかさっぱりな状態で。
「戦う司書 The Book of Bantorra」はいろいろな意味で裏切られっぱなしのストーリーだった。最初、正義熱血チャクラ使いの男が主人公かと思って見てたんだけど、あんまり活躍しないどころか、途中で組織から逃亡してまったく登場しなくなった挙句、かっこいい見せ場も無くあっさり死亡。キャラクターが惜しげもなく大量に死んでいく、ライトノベル原作にしては予想が付かない骨太でハードな話だったので、「六花の勇者」も一筋縄じゃないストーリーを期待しつつ読んだ。


六花の勇者 (集英社スーパーダッシュ文庫)六花の勇者 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2011/08/25)
山形 石雄

商品詳細を見る


千年前、世界を絶望に陥れた魔神を一人の聖者が封じた。魔神がまた目覚めるとき、聖者の力を受け継ぐ六人の勇者が現れ、魔神を再び封印する。そういう定めになっていた。しかし魔神が目覚めたとき、魔神の復活を阻止すべく集まった勇者は七人だった。全員その体の一部に、勇者の証である六花の紋章を浮き上がらせて。七人のうち誰かは勇者の同士討ちを企む偽者。疑心暗鬼に勇者たちの心が囚われる中、矛先が向いたのは、自称「地上最強の男」アドレットだった。

ピエナ国の姫で世間知らずの「刃」の聖者ナッシェタニア、その姫に忠誠を誓う若い騎士ゴルドフ、新しい神「火薬」の力を宿す聖者フレミー、猫の動きをまねる剣術使いハンス、当代最強と謳われている傲岸不遜なお子様「沼」の聖者チャモ、聖者たちを束ねる万天神殿の長で「山」の聖者であるモーラ。

外に出ることの出来ない結界が張られた森の中で、仲間の勇者達(+偽者)に追われながら、自らの潔白を証明し真の七人目を探しだそうと躍起になるアドレット。偽者の罠のトリックを見破って、仲間に信じてもらうことが出来るのか・・・。



というわけで、「11人いる!」ならぬ「7人いる!」状況のお話。ラノベと一言でくくってしまうのには勿体ないぐらいの正統派ファンタジー。

帯にもあったけど、実は一巻完結じゃなくって新シリーズの幕開けだった。魔神を倒すまでストーリーをどこまで引っ張っていくのか気になるけど、個人的にはまずはこの一冊で十分おなかいっぱいになれる気がする。



それにしても。萩尾望都の「11人いる!」を読み返したくなった。持っていたはずなのに。どこいったんだろう。

「11人いる!」は少女漫画の傑作SFと名高い作品。宇宙大学の入試最終テストは受験生10人一組になって受けるサバイバル試験。だが、主人公タダが乗り込んだ宇宙船には、なんと受験生が11人いた。誰が11人目なのか。出身星系もバックボーンも違う受験生たちは、お互いがお互いを疑いながら、外界から隔絶された宇宙船で所定の試験期間を過ごしていく。そんな彼らに次々とトラブルが襲い掛かり……。試験をリタイアすることなく、受験生たちは無事に試練を乗り越えられるのか。

11人いる! 萩尾望都Perfect Selection 3 (フラワーコミックススペシャル)11人いる! 萩尾望都Perfect Selection 3 (フラワーコミックススペシャル)
(2007/08/24)
萩尾 望都

商品詳細を見る


11人いる! (小学館文庫)11人いる! (小学館文庫)
(1994/11)
萩尾 望都

商品詳細を見る


ってことで、読んだこと無い人には「六花の勇者」と合わせてオススメ。キラキラ少女漫画だけど、それに躊躇していたらもったいない。



にしても。Amazonの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」がおもいっきり例のラノベ100選で占められていて苦笑するしかない。私も人のことを言えたもんじゃないが。

amazon.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。